東京都交通局は、建物・道路等のインフラ、経済活動、人の流れなどさまざまな要素をサイバー空間上に再現することをめざす、東京都の「デジタルツイン実現プロジェクト」の一環で、都営大江戸線都庁前駅の3D点群データをオープンデータとして公開した。

都庁前駅3D点群データ全体像
都庁前駅の地下2階データの一部

3D点群データとは、レーザースキャナーなどを用いて生成された3次元の位置情報を持つポイントデータのこと。非接触で測量でき、高所や人の立入りが困難な場所のデータも取得できる。インフラや設備の維持管理、3D地図作成などに活用され、今後も多用途での活用が期待されている。

3D点群データの利活用はデジタルツインの基礎となることから、市民や民間事業者による活用事例の創出を図るため、試行的にオープンデータとして公開することとした。都営大江戸線都庁前駅の地下3階(ホーム階)から地下1階までの一部を公開範囲としており、社会基盤情報流通推進協議会が運用する「G空間情報センター」でダウンロードできる。

#駅 #地下鉄 #東京都交通局


東京都交通局、都庁前駅の3D点群データをオープンデータとして公開

関連記事

関東鉄道キハ2400形、ツートンカラーの復刻塗装に – 常総線で運用

「ロマンスカーミュージアムオリジナルうまい棒缶」数量限定で発売

JR西「どこでもきっぷ」は何が革新的だったのか 発売見合わせで鉄道ファンが泣いた理由

JR北海道とJR東日本、北海道・東北新幹線で鮮魚と駅弁の定期輸送

鉄道博物館の「東高西低」くっきり 関東は小田急も新設、関西大手はゼロ…その差はどこに?

『名探偵コナン』と鉄道の浅からぬ関係 国交省は速達性向上を真剣に検討