JR西日本は3月13日のダイヤ改正で、播但線の姫路~福崎間で日中時間帯に普通列車を増発するほか、播但線・山陰本線寺前~豊岡間を直通する普通列車を設定する。播但線寺前~和田山間などで運転される快速列車はすべて普通列車に変更される。

播但線姫路~寺前間は電化区間。103系の普通列車が運転される

播但線の電化区間である姫路~福崎・寺前間では、ダイヤ改正に合わせて姫路駅13時29分発・福崎駅13時55分着の下り普通列車、福崎駅13時43分発・姫路駅14時12分着の上り普通列車を新設。10~15時台にかけて毎時2本、約30分間隔で普通列車が運転され、より利用しやすいダイヤとなる。

現在、土休日のみ運転される福崎駅10時9分発・姫路駅10時36分着の上り普通列車はダイヤ改正後、毎日運転に変更される。姫路~寺前間で姫路~寺前間で最終列車の時刻繰上げも予定しており、下りは姫路駅23時33分発の寺前行、上りは寺前駅22時42分発の姫路行が最終列車に。現行の最終列車と比べて30分前後の時刻繰上げとなる。

播但線・山陰本線を直通する普通列車は、朝の時間帯に上下各1本を設定。下りは寺前駅7時26分発・和田山駅8時27分発・豊岡駅9時1分着、上りは豊岡駅8時47分発・和田山駅9時29分発・寺前駅10時23分着で運転される。和田山駅での乗換えがなくなり、より利用しやすくなるという。

播但線の非電化区間である寺前~和田山間で運転される普通列車

播但線の非電化区間である寺前~和田山間では、一部列車を快速列車(途中の長谷駅のみ通過)として運転してきたが、ダイヤ改正後はすべて普通列車に変更。同様に山陰本線の園部~鳥取間、舞鶴線の綾部~東舞鶴間も現行の快速列車を見直し、普通列車に変更する予定となっている。

#気動車 #JR西日本 #ダイヤ改正 #電車


JR播但線、姫路~福崎間で列車増発 – 寺前~豊岡間直通列車も設定

関連記事

横浜市営地下鉄「ギャラリートレイン」運行、100年の歴史を写真で

「回数券」は死語になる!? 鉄道回数券の相次ぐ廃止でも激安で乗る「裏技」はまだある!

新幹線「ALFA-X」&「はやぶさ10周年記念」Tシャツの予約販売開始

【youtube】天橋立駅でぶらぶらしつつ撮り鉄してみた

「西武園ゆうえんち」5/19オープン、ゴジラのアトラクションも登場

【ザ ロイヤルパークホテル 京都梅小路】お子様の“鉄分”補給にぴったりな鉄道ルームが誕生!