“働く人のライフスタイルを豊かにする”をミッション・ステートメントに社会課題の解決に取り組む株式会社OKAN(代表取締役CEO:沢木 恵太 / 東京都豊島区)は、同社が提供する置き型社食(R)* サービス『オフィスおかん』について、熊本電気鉄道株式会社(代表取締役社長:中島 敬高 / 熊本県熊本市)の導入事例記事を公開いたしました。『オフィスおかん』の導入によって、従業員が健康的に長く働きつづけられるための支援に注力し、人手不足のバス・鉄道業界における人材定着率の向上を目指します。
熊本電気鉄道株式会社 『オフィスおかん』導入事例記事:https://office.okan.jp/case/item/kumamotodentetsu

[画像: https://prtimes.jp/i/18532/45/resize/d18532-45-510818-0.png”>

■ 熊本電気鉄道株式会社 総務部総務課 岡部 史歩氏のコメント

サービス導入の背景・導入後の効果について

インフラを担う職業柄、早朝から深夜までシフト勤務であるバスや鉄道の運転士はどうしても不規則な生活になってしまいます。導入以前は食事もインスタント食品などで“ぱっと”済ませてしまうことがあり、健康診断で医者からの指摘を受ける従業員が少なくありませんでした。当社では65歳以上の者も多く在籍しております。幅広い年齢層が長く働き続けられるために、会社として従業員の健康面での支援が必須であると以前より考えていました。

導入後は、オフィスおかんをきっかけに従業員の健康意識が向上しました。かつてはインスタント食品ばかり食べていた者が、昼食時にオフィスおかんのお惣菜を選び、自宅でも健康的な食事を心がけるようになったということもありました。また購入する際、従業員同士が仕事やプライベートのことを話している姿を見る機会が増えました。オフィスおかんをきっかけに、各部門を超えたコミュニケーションの活性化にも役に立っていると感じています。「100円でこんなに美味しいお惣菜が食べられるのは嬉しいね」と、価格と味の両方で満足している声を直接もらうこともあり、担当者として大変嬉しいです。

また、採用面でも福利厚生の充実をアピールできています。求人票の福利厚生欄に「オフィスおかん」と記載することで、従業員のための職場づくりに力をいれていると注目してもらえればと考えております。

熊本電気鉄道株式会社の取り組みについて

熊本県が独自に労働環境や処遇向上に優れた取り組みを行っている企業を「ブライト企業」として定めており、当社も認定されています*。バス・鉄道業界は、慢性的に人手不足で当社も例外ではありません。だからこそ、今働いている従業員が健康的に長く働き続けられるための環境が重要だと考え、長時間労働や休暇取得などの働き方に関する問題の改善に努め、従業員の健康支援や安心して働き続けられる職場環境づくりに注力しています。

ーーーーーーーーー
*「置き型社食(R)︎」は株式会社OKANの登録商標です。
* 熊本県による「ブライト企業」の表彰について https://kumamoto.onestop-job.jp/new/bright/view/68
ーーーーーーーーー

■ 置き型社食(R)︎『オフィスおかん』 サービス概要 (https://office.okan.jp/)
法人向け置き型社食(R)︎『オフィスおかん』は、働き方改革・健康経営などの取り組みの一環として、食生活の支援を通して、働く人と企業に起こる様々な問題解決を目的としてご利用いただいているサービスです。

オフィスに専用の冷蔵庫とボックスを設置し、健康的なお惣菜をはじめ、ご飯・カレーなどを常備することで、従業員の手軽で健康的な食事を支援していただくことが可能です。導入企業の従業員は、管理栄養士監修の全国各地の地の物、旬の物を使用したオリジナルの健康的なお惣菜や白米・玄米・カレーなどをすべて1品100円で購入できます。ご利用に際して必要な専用の集金ボックスや使い捨て耐熱皿などの付属品も全てOKANが貸与・提供いたします。昼食のみならず、持ち帰って夕飯やお弁当のおかずに利用するなど、働く人のライフスタイルにあわせてさまざまなシーンで活用いただいています。

2014年3月のサービスリリース以降、オフィス、クリニック、商業施設、工場、教育機関など規模や業種を問わず、全国47都道府県2,500社・事業所で導入いただいています。「健康経営の促進」「従業員のロイヤリティ・満足度の向上」「社内コミュニケーション活性化」「従業員の家事育児負担軽減」など、企業の課題を解決する新しいアプローチのツールとしてご活用いただいています。

■ 株式会社OKAN企業概要
株式会社OKANは「働く人のライフスタイルを豊かにする」をミッション・ステートメントに、リテンションマネジメントカンパニーとして、日本における企業課題と社会課題の解決に取り組み、望まない離職を防ぐため、企業の意識と行動を変容することを目指しています。
仕事内容だけではなく、健康、家庭との両立、自分らしい生活など、あらゆる価値観=「ワーク・ライフ・バリュー(WLV)」を各企業個々が理解し従業員をサポートするために、置き型社食(R)︎サービス『オフィスおかん』、人材定着のための組織改善サービス『ハイジ』の2事業を展開。これらの問題特定から改善・解決までの支援サービスを企業向けに提供しています。

・会社名 : 株式会社OKAN(URL: https://okan.co.jp/)
・代表者 : 沢木恵太(さわきけいた)
・住所  : 〒171-0022 東京都豊島区南池袋1-16-15 ダイヤゲート池袋10階
・設立年月: 2012年12月10日

#従業員 #健康 #人手不足


熊本電気鉄道、『オフィスおかん』の活用で従業員の健康意識向上 人手不足のバス・鉄道業界における人材定着率向上を目指す

関連記事

鉄道用製品の不正検査問題、三菱電機が再発防止策で10月1日に記者会見へ

中国初の自動運転跨座式モノレールが登場—安徽省蕪湖市

一般の部大賞は「サフィール踊り子」を捉えた1枚 第14回タムロン鉄道風景コンテスト審査結果発表

地味なイメージの一新目指す「JR相模線」、その100年の歴史とは

【現場から、】SL食堂でコロナ禍を乗り切れ

鉄道イベント「高額化」に驚き コロナ禍も影響?1泊10万円の体験ツアーも登場