フィットビットは3月4日、東日本旅客鉄道(JR東日本)が提供する交通系ICカードのSuicaに対応し、鉄道やバスの利用、Suica決済が可能なリストバンド型活動量計「Charge 4」を発売しました。

本体にGPSを搭載。ランニングやサイクリング、ハイキングの記録やワークアウトのマップ機能が利用可能。エクササイズを自動認識して記録できる他、歩数、距離、消費カロリーなどの活動量、心拍数、睡眠の記録に対応します。水深50mの防水に対応し、スイミングでも利用可能。スマートフォンと連動した通知、Spotifyの操作、女性の生理周期の記録に対応。最大7日間、バッテリーが持続します。

SuicaはスマートフォンのFitbitアプリ上で登録し、Google Payからチャージして利用可能になります。コンビニや券売機から現金によるチャージにも対応。JRE POINTのウェブサイトへの登録後はJRE POINTを貯めることもできます。

詳細なサービスの対応可否は表で発表されています。

本体カラーがブラックのモデルのみ、Suicaに対応。この他、ローズウッド、ストームブルー/ブラック、グラニット ウーブンリフレクティブベルト/ブラックのモデルをラインアップします。

#Suica #発売 #記録 #東日本


FitbitがSuica対応のリストバンド型活動量計「Charge 4」を発売

関連記事

鉄道用製品の不正検査問題、三菱電機が再発防止策で10月1日に記者会見へ

中国初の自動運転跨座式モノレールが登場—安徽省蕪湖市

一般の部大賞は「サフィール踊り子」を捉えた1枚 第14回タムロン鉄道風景コンテスト審査結果発表

地味なイメージの一新目指す「JR相模線」、その100年の歴史とは

【現場から、】SL食堂でコロナ禍を乗り切れ

鉄道イベント「高額化」に驚き コロナ禍も影響?1泊10万円の体験ツアーも登場