嬉野温泉駅舎完成イメージ (C)JRTT鉄道・運輸機構

2022年秋頃の開業に向けて準備が進む九州新幹線西九州ルート(武雄温泉—長崎間)。

JR九州はこのほど、嬉野温泉駅舎出入口の愛称名を決定。東口は「塩田川口(しおたがわぐち)」、西口は「温泉口(おんせんぐち)」となった。

「嬉野温泉駅は、交流拠点及び交通結節拠点として大変重要な役割を果たす駅であり、駅がより一層市民に親しまれ、市民が誇れる市のシンボルとなるよう愛称名設定のご要望を頂戴し、駅舎出入口の愛称名を設定することとしました」(JR九州)

「塩田川口」は駅東口前に位置する嬉野市の中心河川「塩田川」から。二級水系としては県内最大規模を誇り、麗しい水として嬉野市曲「ふるさとの空よ」の歌詞にも登場する。

「温泉口」は嬉野温泉が九州有数の温泉地として広く認知されていることから。また駅西口前には手湯及び足湯を整備する予定もあるという。

各出入口の使用開始時期は2022年秋頃で、駅舎内の案内表示に愛称名を記載する。

鉄道チャンネル編集部

#九州 #温泉 #九州新幹線 #完成


九州新幹線西九州ルート、嬉野温泉駅舎出入口の愛称名決まる

関連記事

軽ワゴンの女性「車が来ないか気を取られ、警報音に気付かず」…踏切で列車と衝突

栗橋駅デッドセクションのまわりを歩く鉄さんぽ1時間

近鉄12200系の名阪特急を運転、中川短絡線も通過 – ラストラン迫る

愛される「ガチャコン電車」 滋賀の老舗私鉄・近江鉄道 「人と環境にやさしい交通をめざす全国大会in滋賀」から【コラム】

SKE48・須田亜香里、『バス vs 鉄道』で大号泣 相手チームにあおられ…

『バス vs 鉄道旅』勝敗わけた運命の1路線に太川陽介絶叫 バス旅の経験が仇に…