ひたちなか海浜鉄道は、湊線のダイヤ改正を3月13日に実施すると発表した。平磯~磯崎間に新駅、美乃浜学園駅が開業。これにともない那珂湊~阿字ヶ浦間の全列車で時刻が変更となる。

ひたちなか海浜鉄道が3月13日にダイヤ改正を実施

美乃浜学園駅は今年4月に開校する小中一貫校、ひたちなか市立美乃浜学園の最寄り駅として、平磯~磯崎間に開業。開業記念式典については別途告知される。

新型コロナウイルス感染症の拡大による利用状況を鑑み、勝田発の最終列車の繰上げや一部列車の運転区間変更、運転取りやめも実施。現行の下り最終列車だった勝田駅23時49分発、那珂湊行の列車は運転取りやめに。1本前の列車は発車時刻を7分繰り下げ、勝田駅23時22分発の阿字ヶ浦行とし、これをダイヤ改正後の最終列車とする。

早朝の時間帯に運転されている那珂湊駅5時58分発の勝田行、勝田駅6時26分発の那珂湊行も運転取りやめに。現行の那珂湊駅15時51分発の勝田行、勝田駅16時19分発の那珂湊行は平日のみの運転とする。現行の阿字ヶ浦駅23時17分発、勝田行の列車はダイヤ改正後、阿字ヶ浦駅23時8分発、那珂湊行に変更される。

#駅 #ダイヤ改正 #中小私鉄 #三セク


ひたちなか海浜鉄道、美乃浜学園駅が3/13開業 – 最終列車繰上げも

関連記事

JR西日本「DLやまぐち号」津和野駅の転車台にて回転展示 – 5/1から

JR東海・JR西日本、車いすスペース6席設けたN700Sの購入方法を発表

人気集める転車台の実演

熊本の鉄道の魅力を写真で 被災前後の30点、大阪で展示へ

いすみ鉄道が乗車2000万人達成、記念式典実施

JR西日本が「極上の赤身肉」を販売、その狙いとは