北陸鉄道グループは、鉄道・バスのダイヤ改正を4月1日に実施すると発表した。鉄道線(浅野川線・石川線)では、新型コロナウイルス感染症の拡大で利用者数が減少し、今後の回復も不透明なことから、運行本数を削減する。

北陸鉄道グループが鉄道・バスのダイヤ改正を4月1日に実施

浅野川線では、9時台・15時台・19時台の運行本数を現行の1時間あたり3本から2本に削減するほか、内灘駅の終電発車時刻を8分繰り上げることで、1日6本を削減する。

石川線では、7時台の運行本数を現行の1時間あたり3本から2本、10時台・12時台の運行本数を現行の1時間あたり2本から1本にそれぞれ削減。鶴来駅と野町駅の始発時刻を最大20分繰り下げるとともに、終電時刻を最大1時間8分繰り上げ、平日10本、土日祝日4本を削減する。これにともない、土日祝日の始発から16時台までのダイヤは平日と同じ設定本数となる。

路線バスもダイヤ改正を行い、金沢市内の病院利用者の利便性向上のため、金沢大学病院に乗り入れる便を増便。一方、利用の少ない安原線や錦町野々市線で一部系統を廃止するなど、郊外路線を減便する。金沢地区では新たな需要創出と利便性向上のため、路線の系統新設や延伸など行う。

#ダイヤ改正 #中小私鉄 #三セク #電車 #バス #BRT


北陸鉄道、浅野川線・石川線の本数削減 – 鉄道・バス4/1ダイヤ改正

関連記事

世界の鉄道車両市場は、2021年から2027年までの予測期間中、年平均成長率3.1%で成長すると予測されている

創元社「鉄道手帳」が史上最大リニューアル、ユーザー限定 鉄道手帳WEB アクセス権つき

コンカー、Suicaの利用履歴データを自動連携‐10月から提供開始

JR西日本「名探偵コナン列車」1編成が新デザインとなって運行開始

近鉄「青の交響曲」5周年企画第2弾、沿線の社寺・店舗と魅力を発信

京成「親子で電車運転シミュレータ体験プログラム」座学に実技も