内房・犬吠・鹿島・水郷といった房総を走った名列車たちのヘッドマークグッズに、両国〜館山や両国〜安房鴨川などの原寸大急行横サボ、そして実物の総武・房総路線図……どれも「うわっほしい」と思うものばかり。

総武線快速にE235系、房総各線でE131系が走り出すのにあわせて、JR東日本千葉支社が、京成上野駅とJR両国駅で「公式鉄道グッズ販売会」を開催する。

今回販売するグッズは、すべて同社社員が企画・制作したというJR東日本千葉支社初めての試み。すべて数量限定・再生産しない貴重なグッズが並ぶ。

3月6日開催の京成上野駅改札外コンコースでは、一部商品を販売。「京成コラボグッズ販売会」と同時開催に。

3月7日開催のJR両国駅3番線臨時ホームでは、すべての商品を販売する。いずれも開催時間は10時00分〜15時00分。

3月6日の京成上野駅と、3月7日のJR両国駅の両日とも販売する商品は、内房・犬吠・水郷などのヘッドマークラバーマグネット(4200円)限定200セットのほか、車両デザイン定規(880円)、E217系ロゴキーホルダー(770円)、停止位置目標コースター5種セット(1100円)、「乗務員室」下敷き(770円)など。

3月7日のJR両国駅で販売する商品は、内房・水郷・外房・鹿島の原寸大急行ヘッドマーク(4万2900円)限定各9枚のほか、原寸大急行横サボ(2万5300円)、総武・房総路線図 車内掲出用(1万1000円)など。

———今回のためだけに社員が企画・制作したグッズもいろいろあるから、気になる人はチェックしてみて。

(写真は2011年、商品リスト画像は全てJR東日本千葉支社)

#グッズ #路線図 #JR東日本 #千葉


原寸大急行ヘッドマークに実物路線図、JR東日本千葉支社 公式鉄道グッズ販売会 3/6京成上野駅 3/7両国駅で開催

関連記事

【南海電気鉄道グループ×大倉グループ】海外IT・技術系人材紹介事業『 Japal (ジャパール) 』新サービス(第3期)開始!

鉄道テレマティクスの市場規模、2026年に73億米ドル到達予測

JR東日本、貴重な車両の体験・見学ツアー – 蒸気機関車や185系など

JR東海、東海道新幹線全線にミリ波方式列車無線 – 2027年運用開始

日本旅行と秩父鉄道、夜行快速「いでゆ」10時間超の乗車ツアー開催

【youtube】改札鋏やダッチングマシンも体験させて頂きました!岳南電車の吉原駅で撮り鉄!