京阪電気鉄道は、阪急電鉄とのIC連絡定期券について、新たな発売経路を3月20日に追加すると発表した。大阪市高速電気軌道(Osaka Metro)を経由する経路を追加することで利便性を向上させる。

新たに発売する経路と発売範囲

京阪電気鉄道と阪急電鉄のIC連絡定期券は、淀屋橋駅・大江橋駅から地下鉄御堂筋線(淀屋橋~梅田間)を経由して大阪梅田駅までの経路、京橋駅からJR線(京橋~大阪間)を経由して大阪梅田駅までの経路、祇園四条駅から京都河原町駅までの経路がすでに発売されている。3月20日以降、京阪電車の北浜駅・なにわ橋駅から地下鉄堺筋線(北浜~天神橋筋六丁目間)を経由し、阪急電鉄の天神橋筋六丁目駅までの経路を追加。通勤定期券(大人)・通学定期券(大人・小児)を発売(いずれも1カ月・3カ月・6カ月)する。

発売媒体は「ICOCA」(「SMART ICOCA」「KIPS ICOCA」などは除く)。京阪電車の定期券うりば(係員窓口)や自動定期券発行機にて発売される。

#京阪電気鉄道 #阪急電鉄 #OsakaMetro #交通系ICカード #Suica #PASMO #ICOCA #電車


京阪電気鉄道、阪急電鉄とのIC連絡定期券に新たな発売経路を追加

関連記事

JR西日本「DLやまぐち号」津和野駅の転車台にて回転展示 – 5/1から

JR東海・JR西日本、車いすスペース6席設けたN700Sの購入方法を発表

人気集める転車台の実演

熊本の鉄道の魅力を写真で 被災前後の30点、大阪で展示へ

いすみ鉄道が乗車2000万人達成、記念式典実施

JR西日本が「極上の赤身肉」を販売、その狙いとは