京阪電気鉄道は、阪急電鉄とのIC連絡定期券について、新たな発売経路を3月20日に追加すると発表した。大阪市高速電気軌道(Osaka Metro)を経由する経路を追加することで利便性を向上させる。

新たに発売する経路と発売範囲

京阪電気鉄道と阪急電鉄のIC連絡定期券は、淀屋橋駅・大江橋駅から地下鉄御堂筋線(淀屋橋~梅田間)を経由して大阪梅田駅までの経路、京橋駅からJR線(京橋~大阪間)を経由して大阪梅田駅までの経路、祇園四条駅から京都河原町駅までの経路がすでに発売されている。3月20日以降、京阪電車の北浜駅・なにわ橋駅から地下鉄堺筋線(北浜~天神橋筋六丁目間)を経由し、阪急電鉄の天神橋筋六丁目駅までの経路を追加。通勤定期券(大人)・通学定期券(大人・小児)を発売(いずれも1カ月・3カ月・6カ月)する。

発売媒体は「ICOCA」(「SMART ICOCA」「KIPS ICOCA」などは除く)。京阪電車の定期券うりば(係員窓口)や自動定期券発行機にて発売される。

#京阪電気鉄道 #阪急電鉄 #OsakaMetro #交通系ICカード #Suica #PASMO #ICOCA #電車


京阪電気鉄道、阪急電鉄とのIC連絡定期券に新たな発売経路を追加

関連記事

鉄道用製品の不正検査問題、三菱電機が再発防止策で10月1日に記者会見へ

中国初の自動運転跨座式モノレールが登場—安徽省蕪湖市

一般の部大賞は「サフィール踊り子」を捉えた1枚 第14回タムロン鉄道風景コンテスト審査結果発表

地味なイメージの一新目指す「JR相模線」、その100年の歴史とは

【現場から、】SL食堂でコロナ禍を乗り切れ

鉄道イベント「高額化」に驚き コロナ禍も影響?1泊10万円の体験ツアーも登場