JR東日本はダイヤ改正を行う3月13日から、内房線・外房線の木更津~安房鴨川~上総一ノ宮間で直通列車を運転する。木更津発上総一ノ宮行は9~18時台(17時台は除く)に木更津駅を発車。上総一ノ宮発木更津行は10~16時台に上総一ノ宮駅を発車する。

内房線・外房線・鹿島線などに投入される新型車両E131系

房総・鹿島エリアでは3月13日のダイヤ改正に合わせ、内房線・外房線・鹿島線などに2両編成の新型車両E131系を投入し、ワンマン運転(半自動ドア機能を使用)を開始する。あわせて内房線・外房線の運転体系を変更し、木更津~安房鴨川~上総一ノ宮間を直通する普通列車を設定。この列車も新型車両によるワンマン運転を行う予定となっている。

木更津発上総一ノ宮行の普通列車は9本(木更津駅9時29分発・10時28分発・11時29分発・12時18分発・13時19分発・14時18分発・15時18分発・16時15分発・18時34分発)、上総一ノ宮発木更津行の普通列車は7本(上総一ノ宮駅10時32分発・11時40分発・12時40分発・13時40分発・14時42分発・15時45分発・16時53分発)、上下計16本を設定。下り・上りともに日中時間帯、おおむね1時間あたり1本の運転となる。全区間乗車した場合、最速でも3時間以上。途中駅での長時間停車などにより、3時間30分以上かかる列車もある。

内房線・外房線の直通列車は、他にも朝の時間帯に保田発上総一ノ宮行(土休日は保田~館山間運休)と大原発木更津行、夜間に上総一ノ宮発館山行が1本ずつ設定されている。

新型車両E131系の車内。ボックスシートは1両あたり2カ所ずつ

内房線木更津~安房鴨川間では、朝と夕夜間に同区間内で運転される普通列車や、千葉駅発着で上総湊駅・館山駅・千倉駅まで運転される普通列車を設定。東京方面からの快速列車は君津駅まで運転され、木更津駅または君津駅で乗換えが必要となる。

外房線上総一ノ宮~安房鴨川間では、朝と夕夜間に同区間内で運転される普通列車や、千葉駅発着で大原駅・勝浦駅・安房鴨川駅まで運転される普通列車を設定。東京方面からの快速列車のうち、京葉線東京駅発着の上下各1本(平日は通勤快速、土休日は快速)のみ勝浦駅まで直通する。この列車はダイヤ改正後、上総一ノ宮駅での停車時間が短縮され、上総一ノ宮~勝浦間の時刻が変更に(朝の上りは時刻繰下げ、夜間の下りは時刻繰上げ)。その他の快速列車は上総一ノ宮駅発着で運転される。

#新型車両 #JR東日本 #ダイヤ改正 #電車


JR内房線・外房線、木更津~上総一ノ宮間の直通列車は上下計16本

関連記事

2021年度の鉄道事業設備投資計画【東武鉄道株式会社】

太川陽介、パワハラ指摘された『バス旅』の態度を猛省 「自分がイヤになった」

JR新山口駅、現住所は元号を用いた「山口市小郡令和一丁目2番1号」

【youtube】平成筑豊鉄道妄想駅弁の食材買い出し旅!方城特産館ふくちの郷に行ってみた

交通当局、メーデー連休の移動ピークに効果的に対処—中国メディア

有明海に面した山中にある秘境駅・赤瀬駅(三角線)と、トトロの駅・癒しの駅として有名な上総大久保駅(小湊鐵道)へ!「鉄道ポスターの旅」(旅チャンネル)