タレントの #伊集院光 が、2月24日放送の「水バラ ローカル路線バスVS鉄道 乗り継ぎ対決旅SP 盛岡〜青森・八甲田山」(テレビ東京系)で司会進行を務めた。これは19年11月に放送された「バスVS鉄道 乗り継ぎ対決旅」を未公開映像と共に振り返る完全版。旅をした #太川陽介 と女優の村井美樹も出演し、激闘を思い返した。伊集院は旅に参加していないにもかかわらず、司会進行役を仰せつかったわけである。

「太川もなぜ伊集院が司会進行役なのか不思議がっていました。伊集院の答えは『番組の大ファンだから』。それが本当であることを証明するかのように、要所要所で的確な質問を太川と村井にぶつけ、面白い反応を引き出していました。ただトークがうまいだけではこうはいきません。番組をよく観ているからこそできたと思います」(テレビ誌ライター)

 実は伊集院は昨年6月に放送された「ローカル路線バス乗り継ぎの旅最終回」の振り返り番組でも「バス旅の大ファン」として出演。太川と軽快なトークを繰り広げ、相性のよさを見せつけた。この時、 #蛭子能収 に代わる新たなバス旅のパートナー候補として推す声も多かった。

「乗り継ぎ対決旅をはじめ、陣取り合戦に鬼ごっこと太川は3つのバス旅をテレ東で行っています。それでもやはり『元祖バス旅』復活を望む声は多いんです。問題はパートナー。もう蛭子さんは無理でしょう。蛭子に代わるグッドパートナーがいれば復活はあり得る。最有力候補が伊集院というわけです」(前出・テレビ誌ライター)

 改めて太川のお相手として相性のよさを見せつけた伊集院光。彼をパートナーに新たなバス旅がスタートするよう期待したい。

#バス #太川陽介 #司会 #タレント


「バス旅」太川陽介の“新パートナー”候補に浮上したアノ“番組大ファン”

関連記事

関東鉄道キハ2400形、ツートンカラーの復刻塗装に – 常総線で運用

「ロマンスカーミュージアムオリジナルうまい棒缶」数量限定で発売

JR西「どこでもきっぷ」は何が革新的だったのか 発売見合わせで鉄道ファンが泣いた理由

JR北海道とJR東日本、北海道・東北新幹線で鮮魚と駅弁の定期輸送

鉄道博物館の「東高西低」くっきり 関東は小田急も新設、関西大手はゼロ…その差はどこに?

『名探偵コナン』と鉄道の浅からぬ関係 国交省は速達性向上を真剣に検討