崎陽軒とJR東日本横浜支社は26日、コラボレーション企画として「ありがとう185系踊り子記念弁当」を3月11・12・13日に店舗・数量限定で販売すると発表した。新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、崎陽軒公式サイトでの完全予約制となる。

「ありがとう185系踊り子記念弁当」

「ありがとう185系踊り子記念弁当」は、3月のダイヤ改正をもって定期運用を終了する185系の活躍を振り返る記念弁当として発売される。車体のストライプを青のりで表現したごはん、特急「踊り子」の停車駅でもある小田原産の小田原蒲鉾、伊豆方面への走行にちなんだみかん型大福などを詰め合わせた。

掛け紙には、海沿いを走り抜ける185系の写真と、「メモリアル185(いっぱーご)」企画のロゴをデザイン。しょう油入れの「ひょうちゃん」は、「ありがとう185系踊り子記念ひょうちゃん」2種類のうち、いずれかひとつ封入される。どちらのデザインが入っているかは「開けてみてのお楽しみ」とのこと。


「ありがとう185系踊り子記念ひょうちゃん」

「ありがとう185系踊り子記念弁当」の価格は1,300円。3,000個限定で販売され、3月1日10時から崎陽軒公式ウェブサイトにて予約受付を開始する。受渡し日は3月11・12・13日。受渡し店舗は横浜駅中央店、崎陽軒本店ショップ、ビーンズ新杉田店、保土ヶ谷店、シァル桜木町店、横濱銘品館、JR東戸塚駅店、JR戸塚駅店、アトレ川崎店、ラスカ平塚店、大船ルミネウィング店、ルミネ藤沢店、ラスカ小田原店、ラスカ茅ヶ崎店、グランスタ東京店とされている。

#駅弁 #グルメ #鉄道車両の引退 #JR東日本 #電車


JR東日本と崎陽軒「ありがとう185系踊り子記念弁当」3日間限定販売

関連記事

関東鉄道キハ2400形、ツートンカラーの復刻塗装に – 常総線で運用

「ロマンスカーミュージアムオリジナルうまい棒缶」数量限定で発売

JR西「どこでもきっぷ」は何が革新的だったのか 発売見合わせで鉄道ファンが泣いた理由

JR北海道とJR東日本、北海道・東北新幹線で鮮魚と駅弁の定期輸送

鉄道博物館の「東高西低」くっきり 関東は小田急も新設、関西大手はゼロ…その差はどこに?

『名探偵コナン』と鉄道の浅からぬ関係 国交省は速達性向上を真剣に検討