西武鉄道とタカラトミーは2021年2月26日、共同制作した「プラレール鉄道×西武鉄道でいく こどもたび」を両社の公式YouTubeチャンネルで公開しました。

動画は鉄道玩具「プラレール」と実写(実車)の映像を組み合わせ、池袋駅から西武秩父駅までめぐるというもの。プラレールの「Laview」と「プラレール鉄道」の象徴となる車両「スピードジェット」が池袋を出発し、西武秩父駅を目指します。

発案したのは両社社員で、

「コロナ禍で外出自粛をされているみなさまに、少しでも旅の楽しさを感じていただける企画をご提供できないか」

「アフターコロナには実際にLaviewに乗って、秩父への列車旅を楽しんでいただきたい」

という思いから制作を行ったそうです。動画にも本物の駅係員が登場し、途中駅で様々なメッセージやポーズで視聴者をお迎えしています。

なお、西武鉄道の公式YouTubeチャンネルでは、動画で使用したレイアウトの細かい部分を解説しながら、本編に入りきらなかった駅係員の敬礼や指差し確認なども含めた「解説動画」も公開しています。

鉄道チャンネル編集部
© TOMY 「プラレール」は株式会社タカラトミーの登録商標です

#プラレール #西武 #西武鉄道 #YouTube


「プラレール鉄道×西武鉄道でいく こどもたび」YouTubeで公開

関連記事

関東鉄道キハ2400形、ツートンカラーの復刻塗装に – 常総線で運用

「ロマンスカーミュージアムオリジナルうまい棒缶」数量限定で発売

JR西「どこでもきっぷ」は何が革新的だったのか 発売見合わせで鉄道ファンが泣いた理由

JR北海道とJR東日本、北海道・東北新幹線で鮮魚と駅弁の定期輸送

鉄道博物館の「東高西低」くっきり 関東は小田急も新設、関西大手はゼロ…その差はどこに?

『名探偵コナン』と鉄道の浅からぬ関係 国交省は速達性向上を真剣に検討