鉄道ライター、都市交通史研究家として活動する枝久保達也さんの新刊『戦時下の地下鉄——新橋駅幻のホームと帝都高速度交通営団』が発売されました。

「地下鉄新橋駅の幻のホーム」を糸口に、これまで語られてこなかった地下鉄と戦争の関係を掘り起こす一冊です。1934年から49年の地下鉄空白の15年を埋めて、戦時下の地下鉄の実像を浮き彫りに——

A5判、216ページ。価格は定価2,000円+税。なお、青弓社のnoteでは本書の「はじめに」が公開されていますので、気になる方はぜひ購入前にチェックを。

鉄道チャンネル編集部
※画像:青弓社

#地下鉄 #高速 #発売 #ライター


『戦時下の地下鉄——新橋駅幻のホームと帝都高速度交通営団』発売 著者は枝久保達也さん

関連記事

横浜市営地下鉄「ギャラリートレイン」運行、100年の歴史を写真で

「回数券」は死語になる!? 鉄道回数券の相次ぐ廃止でも激安で乗る「裏技」はまだある!

新幹線「ALFA-X」&「はやぶさ10周年記念」Tシャツの予約販売開始

【youtube】天橋立駅でぶらぶらしつつ撮り鉄してみた

「西武園ゆうえんち」5/19オープン、ゴジラのアトラクションも登場

【ザ ロイヤルパークホテル 京都梅小路】お子様の“鉄分”補給にぴったりな鉄道ルームが誕生!