JR東海は25日、地震発生時の安全性をより一層高めることを目的とした各駅ホーム上家の耐震補強計画について発表した。ホーム上家の柱や梁の接合部にダンパーを取り付ける新工法を開発し、新幹線の駅と一部の在来線の駅で採用するとのこと。

新幹線の駅のホーム上家

JR東海では、東日本大震災によるホーム上家の被災事例を踏まえ、地震発生時の安全性をより一層高めるため、各駅のホーム上家の耐震診断や補強方法の検討を進めてきた。

今回発表された計画では、駅のホーム上家の柱や梁などを補強することにより、強い揺れに対する耐震性能を確保。実施にあたっては、柱や梁の接合部にダンパーを取り付ける新工法を開発し、新幹線の駅と一部の在来線の駅で採用する。これにより、従来工法と同等の耐震性能を確保しつつ、計画全体で約3割のコスト削減となる。

対象駅の例(新横浜駅)

対象駅は品川駅を除く新幹線の16駅と、利用が1日1万人以上で対策不要の駅および柱や梁にレールを使用した上家などを除く在来線の20駅(金山駅、千種駅、大曽根駅、尾張一宮駅、岐阜駅など。新幹線・在来線で併設する三島駅、静岡駅、浜松駅も含む)。工事期間は2021年7月から2033年3月までを予定している。

#新幹線 #JR東海 #駅 #鉄道技術


JR東海、新幹線・在来線の駅でホーム上家を耐震補強 – 新工法開発

関連記事

【youtube】レンタカー利用で四国巡りも!JR四国「おでかけ。四国家満喫きっぷ」【WEB発売用】

少年が線路に転落!命がけで救い出した鉄道職員(インド)

北陸鉄道 浅野川線 03系や8000系につくアンテナ

岐阜県長良川鉄道「郡上八幡」駅にコワーキングスペース新規開業

四日市あすなろう鉄道の「つり革オーナー」を募集します

大規模イベント、無観客に=緊急事態、鉄道は減便要請—政府