仙台市交通局は3月9日から、地下鉄南北線で2024年に投入する予定の新型車両3000系のデザイン投票を実施する。デザイン案は3案あり、A案は「南北線車両からの進化」、B案は「シンプルで優しい」、C案は「懐かしくて新しい」デザインとした。

3000系デザインA案

A案は現行車両の「くの字型」の先頭形状を継承するとともに、前面ラインと一体化させたライトで進化したイメージを創出。車体側面のラインは前面窓とのバランスを考慮し、太めのデザインとしている。

B案は真四角に近い形としながらも、ゆるやかにカーブしたシンプルな先頭形状が特徴。正方形のライトとワンポイントで「優しい表情」を演出する。車体側面のラインはA案より細くする。

3000系デザインB案
3000系デザインC案

C案は丸みを持たせた先頭形状で、新しい印象を演出。丸型のライトと、仙台市電をモチーフにした車体前面のラインカラーにより、レトロ感も創出する。車体側面のラインは、色を縦に切り替えたデザインとしている。

投票は仙台市交通局サイトに設ける専用ページにて受け付ける。投票期間は3月9~29日。5月の結果発表を予定している。

#新型車両 #車両新造 #改造 #地下鉄 #電車


仙台市地下鉄南北線に新型車両3000系を投入、3/9からデザイン投票

関連記事

鉄道用製品の不正検査問題、三菱電機が再発防止策で10月1日に記者会見へ

中国初の自動運転跨座式モノレールが登場—安徽省蕪湖市

一般の部大賞は「サフィール踊り子」を捉えた1枚 第14回タムロン鉄道風景コンテスト審査結果発表

地味なイメージの一新目指す「JR相模線」、その100年の歴史とは

【現場から、】SL食堂でコロナ禍を乗り切れ

鉄道イベント「高額化」に驚き コロナ禍も影響?1泊10万円の体験ツアーも登場