アサミズカンパニーは24日、今年3月に10周年を迎える新幹線E5系「はやぶさ」の記念懐中時計「10周年記念 E5系はやぶさ 懐中時計(限定生産数500個)」(JR東日本商品化許諾済)の予約を開始した。

「10周年記念 E5系はやぶさ 懐中時計」

「10周年記念 E5系はやぶさ 懐中時計」は、文字盤に高級感と光沢のある色合いを使用し、車両側面とロゴをデザインした記念懐中時計。裏面には、10周年を記念した『10th ANNIVERSARY』と運行開始した西暦の彫込みを施している。

合計生産数は500個。シリアルナンバープレートが付属し、専用のボックスにも10周年の表記がある特別なボックスを使用している。なお、シリアルナンバーは選べず、購入順ではないとのこと。

「10周年記念 E5系はやぶさ 懐中時計」
「10周年記念 E5系はやぶさ 懐中時計」

時計本体に合金、風防にミネラルガラス、チェーンに鉄を使用。文字盤のサイズは直径約4.8cm、チェーン長さは約37.5cm、シリアルナンバープレート約1.5cm×2.8cm。日本製ムーブメントを使用し、価格は8,000円。6月中旬頃から順次発送予定となっている。

#JR東日本 #新幹線 #子鉄 #電車


JR東日本商品化許諾済、新幹線E5系「はやぶさ」10周年記念懐中時計

関連記事

午前中を行く高崎線の車窓_すれ違うキヤE195系、秩父鉄道 三ヶ尻線のいま

道の駅「したら」オープンへ

鉄道減便、効果に疑問=通勤減らず混雑誘発—新型コロナ

JR四国2000系が登場した1989年、JR北海道キハ281系や北斗星24系_富士重工業 SUBARU の躍動

道の駅「したら」オープンへ=愛知県設楽町〔地域〕

知る人ぞ知る「究極」の駅が東北に? バリアフリー設備が充実した駅を旅行作家が厳選