JR九州は3月13日に実施するダイヤ見直しで、筑肥線において福岡空港駅から唐津方面へ直通する列車を見直し、一部時間帯において筑前前原駅乗換えとする。

筑肥線のダイヤ見直しで、福岡空港駅から唐津方面の直通列車が一部取りやめに

筑肥線(姪浜~唐津間)は福岡市地下鉄空港線と相互直通運転を実施し、福岡空港~唐津・西唐津間の列車も多数設定。一部列車は筑肥線内で快速運転を行っている。筑前前原~唐津・西唐津間では現在、平日の日中時間帯におおむね毎時2本の普通列車が運転され、うち1本は姪浜・天神・博多・福岡空港方面へ直通、もう1本は筑前前原駅での折返し運転となっている。

3月13日以降、福岡空港駅から唐津方面の直通列車が見直しとなり、一部時間帯において筑前前原駅を境に運転区間を分離。筑前前原駅から唐津方面において、現行ダイヤでは福岡空港駅からの直通列車を毎時1本、筑前前原駅発着の列車を毎時1本運転していたが、ダイヤ見直し後は2本とも筑前前原駅発着となる。唐津駅を平日10~15時台に発車する列車も、すべて筑前前原行の普通列車に変更。筑前前原駅にて姪浜・天神・博多・福岡空港方面の列車へ乗り換えることになる。

筑肥線では20時以降の時刻や運転本数も見直し、ダイヤの間隔を調整する。現在、筑前前原駅を平日20時以降に発車する唐津方面の列車は計12本(20時台4本、21時台3本、22時台2本、23時台3本)だが、ダイヤ見直し後は計9本(20時台2本、21時台2本、22時台3本、23時台2本)に減便となる。

なお、筑肥線では3月13日から、下山門~筑前前原間の各駅(九大学研都市駅は除く)で軽量型ホームドアを稼働開始する予定。福岡市地下鉄空港線・箱崎線も3月13日にダイヤ改正を実施する。

#JR九州 #ダイヤ改正 #地下鉄 #電車


JR九州、筑肥線の唐津方面直通列車一部見直し – 筑前前原駅で分離

関連記事

FitbitがSuica対応のリストバンド型活動量計「Charge 4」を発売

九州新幹線西九州ルート、嬉野温泉駅舎出入口の愛称名決まる

リニア・鉄道館を飛行遊覧!? 新幹線食堂車で食事!? 3/15まで期間限定 体験ツアー実施中

JR東日本と農産物流通プラットフォームを共同運用

Suica対応Fitbit Charge 4が登場 日本のFitbitユーザーの移動と買い物がより快適に

【youtube】雪景色の長崎電気軌道の路面電車を撮り鉄してみた