東京都交通局は、デジタル技術を積極的に活用した安全性・利便性のさらなる向上と業務の効率化に向けた取組みとして、日暮里・舎人ライナーと都営バスにおいて、5Gと親和性の高いテクノロジーを活用した実証実験を3月4日から順次実施すると発表した。

軌道モニタリングによる実証実験イメージ

日暮里・舎人ライナーでは、軌道モニタリングによる実証実験と移動型ロボットによる実証実験を実施。軌道モニタリングによる実証実験は3月4日に日暮里・舎人ライナー全線で行う。車内から高精細カメラで軌道上を撮影し、映像伝送の品質・時間などの確認やメンテナンスの省力化などへの活用の可能性を検証する。

移動型ロボットによる実証実験は3月11・12日に日暮里駅で実施。移動型ロボットをリモートで操作し、非接触・非対面での対話や誘導案内を通じてロボットの操作性・応答性などの確認を行い、さらなる安心・利便性といったサービス面での活用の可能性を検証する。

移動型ロボットによる実証実験イメージ
都営バスにおける乗降調査の実証実験イメージ

都営バスでは、AI解析による乗降調査の実証実験を実施する。バス車内に設置する高精細カメラで乗降状況を撮影し、5Gで伝送される映像をAIなどにより解析を行うことで、乗降調査の自動化や省力化などへの活用の可能性を検証する。実験は回送車で行い、撮影対象者は東京都交通局職員や調査委託事業者のみとする。3月8日にスマート東京先行実施エリア(西新宿)内で実施される。

#新交通システム #電車 #鉄道技術 #東京都交通局 #バス #BRT


東京都交通局、日暮里・舎人ライナー&都営バスで5G活用の実証実験

関連記事

船や物資を運んだ急斜面の線路跡、貨車やレールの下にいま地下鉄が走る

東京メトロ、海外の鉄道関係者向け無料オンライン講座を6月に開催

ついひじ杏奈、京王電鉄の新「プラットガール」に – 5/16から展開

【youtube】新 鉄道ひとり旅〜上信電鉄編ショート版〜

京王電鉄オリジナル「イケメン付箋」駅係員版&技術員版、5/10発売

「バス旅」太川陽介も首をかしげる?鬼軍曹・村井美樹が”腑抜け状態”だったワケ