前回の最優秀作品「OHMI Reflection」 画像:近江鉄道

滋賀県の近江鉄道は、2022年の自社カレンダーに使用する「近江鉄道カレンダー2022フォトコンテスト」の作品を募集している。応募期間は2021年2月1日から7月30日まで。

近江鉄道は、沿線住民や鉄道・カメラファンに親近感を持ってもらおうと、2016年からフォトコンテストを毎年開催する。2020年は381点の応募があった。

作品テーマは「私の好きな電車風景」で、「自然と電車(山・川・草花などと電車の写真)」「町並と電車(沿線の建物・田園の作業風景・生活風景と電車の写真)」「施設と電車(駅舎・ホーム・踏切・信号・橋梁などと電車の写真)」の3部門を設定し、部門ごとに作品を募る。

応募作品から入選14点(最優秀1点、優秀2点、入選11点)を選考。各部門から優秀作品を選考後、最優秀作品を決定する。入選作品は2021年10月発売予定の「近江鉄道カレンダー2022」に採用される。入選者には2022年版カレンダーをプレゼントするほか、ギフトカードを進呈する。

応募は撮影者本人の未発表作品で、著作権や肖像権、プライバシーへの配慮が必要。応募はコンテストの専用サイトから。

西武ホールディングス傘下の近江鉄道は、1898年の開業以来、120年以上にわたり滋賀県民に親しまれる。車窓には田園風景や、かつての近江商人が築き上げた伝統ある町並が広がり、開業当時の駅舎や登録有形文化財に指定される駅舎など、いたるところで昔懐かしい風景に出会える。

文:上里夏生

#カレンダー #7月 #親近感


2022年カレンダーの写真を募集 近江鉄道が「カレンダー2022フォトコンテスト」

関連記事

JR北海道キハ40形「国鉄一般気動車標準色塗装」車両、釧路駅で披露

上田電鉄、別所線が3/28全線運転再開 – 当日は「無料乗車デー」に

京成トラベル「成田空港今昔ツアー」開催、旧成田空港駅の見学も

JR東日本など4社「未来の物産展 from 青森」VR技術で観光名所体験

JR東日本社員が撮影、185系写真展 – 東京駅「グランルーフ」で開催

鋼索鉄道事業の旅客運賃上限変更認可ならびに運賃改定の実施について