株式会社バンブーフォレスト(本社:千葉県市原市、代表取締役:青木 直之)は、房総里山芸術祭 いちはらアート×ミックス2020+(開催地:小湊鉄道を軸とした周辺エリア、実行委員会会長:小出 譲治(市原市長))に協賛し、オフィシャルパートナーに就任しました。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/244097/LL_img_244097_1.jpg
ザ・バンブーフォレスト全景

ザ・バンブーフォレストは、動物園に併設するグランピング施設として2020年3月に開業し、地域資源を活かしながら、現代の「癒し」と「学び」のニーズに応える都会のオアシスとして、これまでたくさんの方々に訪れていただきました。また、地域全体を盛り上げる拠点となることを目指し、取組みを広げてまいりました。
今回、いちはらアート×ミックス2020+のコンセプトである、『地域の持つ様々な資源を現代アートと融合し、里山に活力を漲らせ、より魅力的な「いちはら」を再発見する新しい形の芸術祭』というメッセージに深く賛同し、協賛に至りました。

【いちはらアート×ミックス2020+について】
いちはらアート×ミックス2020+は、千葉県市原市の小湊鉄道を軸とした周辺エリアで、歴史・文化・自然・人の暮らし・食・スポーツなど、地域の持つ様々な資源を現代アートと融合し、より魅力的な「いちはら」を再発見する新しい形の芸術祭です。約80組の作品が展示されており、ゆっくり楽しむ場合だと2日ほどかけて回るのがオススメです。前回2017年開催時の来場者総数(延べ数)は、100,066人にのぼりました。
※3月19日〜5月18日の開催を予定しておりましたが、新型コロナウイルス感染症による緊急事態宣言の延長に伴い、現在、会期未定です(2021年2月15日時点)。

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/244097/LL_img_244097_2.jpg
「いちはらアート×ミックス2020+」ロゴ

【ザ・バンブーフォレストについて】
「動物園」と「グランピング」を掛け合わせることで生まれた、アニマルグランピング施設です。「キリンと朝食」や「開園前のエサやり体験」など、宿泊者ならではの動物との触れ合いを満喫できます。動物とのふれあいや豊かな自然の中での宿泊を通じて、大人は癒しを、子どもは学びを体感できる素敵なひとときをご提供します。
宿泊者限定の、「キリンと朝食」の体験オプションが目玉です(4月1日〜10月末の期間限定)。

画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/244097/LL_img_244097_3.jpg
ザ・バンブーフォレスト目玉の「キリンと朝食」

本施設の企画は、コーポラティブハウスのコーディネイト・まちづくり事業を行う株式会社コプラス(本社:東京都渋谷区、代表取締役:青木 直之)が手掛けています。同社は福岡県篠栗町において、廃業した旅館をファスティング旅館として生まれ変わらせ、その実績が認められ、民間としては珍しく観光協会事務局の運営事業を受託するなど、町全体のコーディネイトを得意としています。

【会社概要】
会社名 : 株式会社バンブーフォレスト
所在地 : 千葉県市原市山小川790
代表者 : 青木 直之
設立 : 2020年1月6日
URL : https://bamboo-forest.jp/
事業内容: グランピング事業

【お客様からのお問い合わせ先】
ザ・バンブーフォレスト
TEL : 0436-63-6277(電話受付時間 9:00〜18:00、定休日無)
e-mail: info@bamboo-forest.jp

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

#はら #市原市 #株式会社 #千葉


アニマルグランピング「ザ・バンブーフォレスト」が、小湊鉄道 周辺エリア「いちはらアート×ミックス2020+」のオフィシャルパートナーに就任

関連記事

小田急電鉄「ロマンスカーミュージアム」4/19オープン! カフェ併設

「プラレールフェスティバル in 京都鉄道博物館」開催へ 500系新幹線と「スピードジェット」大型バルーン模型が並ぶ!

近鉄12200系、臨時特急列車に! 4月の4日間、大阪・名古屋から1往復

鉄道事業者、どう稼ぐ? 経営支える駅ビルなどの関連事業 ポップアップ店舗をはじめ新しい取り組みも

超優等出世列車「寝台特急ゆうづる」に関する考察も——鉄道ファンの行司が書いた『大相撲と鉄道』には「相撲列車」の知られざる話がいっぱい

ロッド・スチュワート、コンテナ7つで鉄道模型を米→英輸送