阪急電鉄は18日、神戸三宮駅4番ホームに設置した可動式ホーム柵を2月20日から供用開始すると発表した。これをもって、神戸三宮駅のすべてのホームで可動式ホーム柵の設置が完了する。

可動式ホーム柵
ガラスフェンス

神戸三宮駅4番ホームの可動式ホーム柵は、腰高式の一部透過型で、柵本体の高さは約1.3m、開口幅は約3.2m、柵本体の厚みは約200mm。神戸三宮駅では、十三駅に設置している可動式ホーム柵より約100mmの薄型化を行うとともに、ホームの階段部分の腰壁をガラスフェンスに変更することで、できる限りホーム幅を確保している。

阪急電鉄では、より安心・快適な鉄道をめざし、神戸三宮駅で可動式ホーム柵の設置工事を進めてきた。1・2・3番ホームの可動式ホーム柵はすでに供用開始しており、2月20日から4番ホームの可動式ホーム柵が供用開始となることで、神戸三宮駅のすべてのホームで可動式ホーム柵の設置が完了することになる。

#ホームドア #駅 #阪急電鉄


阪急電鉄、神戸三宮駅ホーム柵が設置完了へ – 4番ホームは2/20から

関連記事

東海道新幹線0系・N700SをNゲージサイズに、ファミマで発売 – 京商

185系の写真を約120点、JR東京駅構内で8日から「メモリアル185系おもいで館写真展」開催

列車内でハンバーガー頬張った女性を告発、韓国

熊本電気鉄道、『オフィスおかん』の活用で従業員の健康意識向上 人手不足のバス・鉄道業界における人材定着率向上を目指す

リニア・鉄道館10周年イベント、開館当時の写真展示やプレゼントも

JR東日本、駅の役割変革へ3駅をモデル駅に – 駅ナカカレッジ開校も