毎年2月ごろになると、鉄道ファンにとっては「もうすぐダイヤ改正ですね」が時候の挨拶となる。JRグループをはじめ主要鉄道各社では、3月にダイヤ改正が行われる。それに先駆けて、鉄道ファンたちは各社の発表に一喜一憂する。新しく誕生する特急や駅もあれば、役目を終えて引退する列車や駅があるからだ。

 今回は、ダイヤ改正で引退する東日本エリアの名列車たちを、女性鉄道ファンとして独断と偏見でピックアップする。

©iStock.com

旅好きを温泉地に運んだ「昭和レトロな特急185系」

 今回のダイヤ改正で、心を痛めたファンが多い引退車両の筆頭が、旧国鉄の特急車両185系だ。1981年にデビューし、特急「踊り子」(東京〜伊豆急下田・修善寺間)などを中心に運転され、関東の人々に愛されてきた名車両。40年というロングランを経て、ついに定期運行から卒業する。

 普通鋼製のゴツゴツした白色の車両に、すがすがしい緑色の斜めストライプ。特急踊り子の顔部分には、小説『伊豆の踊子』をイメージした、女性の横顔のヘッドマークを冠している。車両に乗り込めば、長年旅人と運んできた香ばしい香りが漂い、旅情に誘われる。目的地は、湯けむり立ち込める伊豆の温泉地。行き先を見るだけで、誰しも心が踊る。

 そんな人気車両の引退に、ネットでは「とても寂しいけれど、感謝しかありません」「これも時代の流れだと思う」など、惜しむ声が続々と集まっている。JR東日本は、車両の活躍を振り返る企画「メモリアル185」の公式アカウントをTwitterで開設。車両引退に伴うTwitterアカウントの開設は異例だろう。

 185系が去りし特急踊り子は、E257系へと引き継がれる。伊豆の空と海をイメージした「ペニンシュラブルー」で彩られた車両だ。また同区間では、オシャレ度の高い観光特急列車「サフィール踊り子」も2020年にデビュー。地味な185系は、非テツな乗客からは「ボロい特急」として敬遠されることもあり、悲しいかな徐々に存在感を薄れさせていた。

 185系は、定期運用は終了するものの、臨時列車としての運用は続く。特急踊り子の増発便や、臨時快速「あしかが大藤まつり」(大船・上野〜桐生間)など、春の臨時列車での運行スケジュールがすでに組まれている。2月13日夜の地震の影響で不通となった東北新幹線の救済便としても活躍し、鉄道ファンが殺到する事態となっていた。

月の光に導かれる夜行「ムーンライトながら」引退

 ダイヤ改正では、名物列車・快速「ムーンライトながら」(東京〜大垣間)」も廃止となる。同列車は1996年、それまで運転されていた「大垣夜行」を引き継ぐ形で登場した夜行快速。

 2009年からは臨時列車として、春・夏・冬の青春18きっぷシーズンに運転されていた。鉄道ファンはもちろん、“貧乏旅行”を楽しむ学生たちにも愛されてきた由緒ある快速列車である。

 夜に東京駅を発車するムーンライトながらに乗れば、早朝に大垣駅に到着。そこから普通列車を乗り継げば、その日のうちに九州までたどり着ける。「より安くより遠く」という“青春18きっぷ”旅行者のビジョンを実現するためには肝となる列車だった。

 同列車の廃止についてJR東海によれば「お客さまの行動様式の変化により列車の使命が薄れてきたことに加え、使用している車両の老朽化に伴い、運転を終了」としている。車両は近年では、先の185系を使用していた。185系がなんだか「老害」扱いされているようで悲しい気持ちもある。

 ムーンライトながらは、2020年春には運行されたものの、その後新型コロナウィルスの影響で、夏・冬は休止。それ以降、走ることはなかった。事実上、昨年3月がラストランとなっていた。

乗車未経験者も惜しむ「夜行の魅力」

 ネットの声を見れば「ひとつの時代が終わった」「嘘だと言ってよ」「一度は乗りたいと思ってたけど結局乗れず。夜行がどんどん消えるのは寂しい」など、乗車未経験の人までもが廃止を惜しむ事態となっている。

「月の光」に導かれるように暗闇をまっすぐ進む名前は、ロマンティックでポエティックな想像を掻き立て、「なんだかエモい」と女心をくすぐる。このムーンライトシリーズは、過去に「ムーンライトえちご」(新宿〜新潟間)や、「ムーンライト信州」(新宿〜松本・信濃大町・白馬間)などがあったが、いずれも現在の定期運行はない。

 ムーンライトながらだけでなく、ほかのムーンライトシリーズのサプライズ復活を、鉄道ファンは願ってやまない。

五能線から昭和レトロの「キハ40系」がなくなるなんて…!

 秋田県、青森県を走る五能線(東能代〜川部間)といえば、鉄道ファンの間でも人気の高いローカル線である。普通列車として運行されてきた車両・キハ40系がついに今年度中に姿を消す。

 五能線は、たびたび女性誌でも「女性が行ってみたいローカル鉄道旅」などの企画で紹介されている。非テツな方が想像するローカル線といえば、知らない田舎で小さな1両編成の列車が健気にトロトロ走っていく。ときに海沿い、ときに山沿い、ときに花咲く草原を走る絵が浮かぶだろう。まさにそのイメージとぴったり重なるのが五能線キハ40系だった。厳しい冬の豪雪地帯を力強く走る姿にファンは多い。

 1977年にデビューしたこの車両は、JR各社で運用されていたが、老朽化のため、2000年代に入り、次々と引退。30年以上、人々と生活を共にしたこの車両。1歩足を踏み入れれば、香ばしい軽油のにおいが立ち込め、ディーゼルカーであることを実感せずにはいられない。令和を走る昭和レトロな旧国鉄車両は、私たちに温もりを与え続けてきた。

 置き換えられる新型ディーゼルカー「GV-E400系」は、12月頃から営業運転開始の予定。都会的なステンレス製のボディを用いたさわやかなデザインだ。

 五能線と同じく、JR東日本秋田支社の津軽線を走るキハ40系も見納めとなる。ダイヤ改正後、蟹田〜三厩間はすべてGV-E400系に置き換えられるそうだ。

 同線が走るこのエリアは、 #太宰治 の小説『津軽』に描かれたところとして有名。津軽線からは少々外れるが、新青森駅に寄ったら太宰ラーメン(正確には「太宰らうめん」)は是非食しておきたい。太宰の好きだった根曲り竹とわかめがトッピングされたラーメンだ。

“オシャレ番長”215系「湘南ライナー」廃止、特急湘南が爆誕

 神奈川県から都心への通勤の足として重宝されていた、「湘南ライナー」「おはようライナー新宿」「ホームライナー小田原」も廃止される。これらは185系と215系で運行されていた。

 215系は、オール2階建てという珍しい車両。真っ白な顔を持ち、シルバーのステンレスボディにあずき色のモダンな扉が映える。コンセプトは「ジェントル&ノーブル」で、1992年にはグッドデザイン賞を受賞した。

 JR東日本にこんなスタイリッシュな車両があったのかと感動すら覚え、ファッションにうるさい女性でも、納得いく車両だろう。そんな215系が定期運用を終了したら、オシャレ番長たる称号を引き継げる車両はあるのだろうか……。

 廃止される「湘南ライナー」の代わりに、今春から特急「湘南」(東京・新宿〜小田原間)が誕生する。運用は、E257系車両だ。「湘南」という、男女の恋物語が生まれそうな風そよぐ特急で、ぜひとも活躍してほしい。

コロナ禍で迎えるダイヤ改正というイベント 

 ダイヤ改正は鉄道ファンにとって非常に重要なイベントだ。新しい列車を歓迎したい気持ちと、引退する列車を見送る寂しい気持ち。この2つの感情が胸の中を駆け巡る。

 さて今回のダイヤ改正ではさらに、おさえておきたいポイントとして、終電の繰り上げがある。鉄道各社は、緊急事態宣言の発出に伴い一時的に終電時刻の繰り上げをしているが、今回の改正でも終電時間を繰り上げたダイヤを組んでいる。

 各社はコロナ終息後も、客足が100%戻ることがないと予測を立てており、新しい生活様式に応じたダイヤ組みとなっている。夜間作業時間の確保も理由の1つに挙げられている。まさに2021年らしいダイヤ改正となりそうだ。

(東 香名子)

#ダイヤ改正 #東日本 #引退


いままでありがとう…! 3月のダイヤ改正で「さよなら」する“名列車”たち

関連記事

東海道新幹線0系・N700SをNゲージサイズに、ファミマで発売 – 京商

185系の写真を約120点、JR東京駅構内で8日から「メモリアル185系おもいで館写真展」開催

列車内でハンバーガー頬張った女性を告発、韓国

熊本電気鉄道、『オフィスおかん』の活用で従業員の健康意識向上 人手不足のバス・鉄道業界における人材定着率向上を目指す

リニア・鉄道館10周年イベント、開館当時の写真展示やプレゼントも

JR東日本、駅の役割変革へ3駅をモデル駅に – 駅ナカカレッジ開校も