JR貨物と福山通運は17日、安治川口駅(大阪市此花区)から盛岡貨物ターミナル駅(岩手県盛岡市)までの区間で、積合せ貨物を輸送する専用ブロックトレイン「福山レールエクスプレス号」を3月23日から運転開始すると発表した。「福山レールエクスプレス号」の運転は4往復目になるという。

安治川口~盛岡貨物ターミナル間で3月23日から「福山レールエクスプレス号」が運転開始

専用ブロックトレイン「福山レールエクスプレス号」は、近年の労働環境の変化によるトラックドライバー不足への対応、労働時間等の労務問題への対応、鉄道へのモーダルシフトによるカーボンニュートラルの達成、地球温暖化防止に向けたCO2排出量削減への積極的取組み(この列車によるCO2排出削減量は年間1万3,153トン)として運転される。

3月23日から運転開始する列車の時刻は、安治川口駅22時8分発・盛岡貨物ターミナル駅14時33分着、盛岡貨物ターミナル駅19時8分発・安治川口駅16時0分着。20両編成で、1列車あたりの輸送量は31ftコンテナ40個(往復80個)とされている。

#JR貨物 #機関車


JR貨物「福山レールエクスプレス号」安治川口~盛岡タ間で運転開始

関連記事

関東鉄道キハ2400形、ツートンカラーの復刻塗装に – 常総線で運用

「ロマンスカーミュージアムオリジナルうまい棒缶」数量限定で発売

JR西「どこでもきっぷ」は何が革新的だったのか 発売見合わせで鉄道ファンが泣いた理由

JR北海道とJR東日本、北海道・東北新幹線で鮮魚と駅弁の定期輸送

鉄道博物館の「東高西低」くっきり 関東は小田急も新設、関西大手はゼロ…その差はどこに?

『名探偵コナン』と鉄道の浅からぬ関係 国交省は速達性向上を真剣に検討