JR貨物と福山通運は17日、安治川口駅(大阪市此花区)から盛岡貨物ターミナル駅(岩手県盛岡市)までの区間で、積合せ貨物を輸送する専用ブロックトレイン「福山レールエクスプレス号」を3月23日から運転開始すると発表した。「福山レールエクスプレス号」の運転は4往復目になるという。

安治川口~盛岡貨物ターミナル間で3月23日から「福山レールエクスプレス号」が運転開始

専用ブロックトレイン「福山レールエクスプレス号」は、近年の労働環境の変化によるトラックドライバー不足への対応、労働時間等の労務問題への対応、鉄道へのモーダルシフトによるカーボンニュートラルの達成、地球温暖化防止に向けたCO2排出量削減への積極的取組み(この列車によるCO2排出削減量は年間1万3,153トン)として運転される。

3月23日から運転開始する列車の時刻は、安治川口駅22時8分発・盛岡貨物ターミナル駅14時33分着、盛岡貨物ターミナル駅19時8分発・安治川口駅16時0分着。20両編成で、1列車あたりの輸送量は31ftコンテナ40個(往復80個)とされている。

#JR貨物 #機関車


JR貨物「福山レールエクスプレス号」安治川口~盛岡タ間で運転開始

関連記事

中国初の自動運転跨座式モノレールが登場—安徽省蕪湖市

一般の部大賞は「サフィール踊り子」を捉えた1枚 第14回タムロン鉄道風景コンテスト審査結果発表

地味なイメージの一新目指す「JR相模線」、その100年の歴史とは

【現場から、】SL食堂でコロナ禍を乗り切れ

鉄道イベント「高額化」に驚き コロナ禍も影響?1泊10万円の体験ツアーも登場

JR東日本「長岡車両センター見学会」開催、EF81形・EF64形など展示