JR西日本は、3月13日のダイヤ改正後に運休する特急列車について発表した。同社の在来線特急列車などにおいて、現在も一部列車で利用実態に合わせた運休を実施しており、ダイヤ改正後も対象列車を変更しつつ、一部列車の運休を継続する。

特急「サンダーバード」。3月13日以降、大阪~金沢間の本数は計28本に

特急「サンダーバード」は3月13日以降、定期列車の上下各7本、臨時列車の上下各4本を運休に。これにより、大阪~金沢間の運行本数は1日最大50本から、当面は28本に減便しての運行となる。

特急「くろしお」は、定期列車のうち上下各3本を運休。「くろしお12号」はダイヤ改正後も新宮発新大阪行で運転する。臨時列車も上下各3本が運休に。新大阪~和歌山間の運行本数は1日最大36本から、当面は24本に減便しての運行となる。

特急「こうのとり」。3月13日以降、新大阪~福知山間の本数は計16本に

特急「こうのとり」も、定期列車の上下各4本、臨時列車の上下各2本を運休。新大阪~福知山間の運行本数は1日最大28本から、当面は16本の運転となる。その他、京都駅から福知山・東舞鶴方面を結ぶ特急「きのさき」「はしだて」「まいづる」、岡山~出雲市間の特急「やくも」も一部列車を当面運休とする。

#JR西日本 #ダイヤ改正 #電車 #特急列車


JR西日本、ダイヤ改正後も「サンダーバード」などの一部運休を継続

関連記事

午前中を行く高崎線の車窓_すれ違うキヤE195系、秩父鉄道 三ヶ尻線のいま

道の駅「したら」オープンへ

鉄道減便、効果に疑問=通勤減らず混雑誘発—新型コロナ

JR四国2000系が登場した1989年、JR北海道キハ281系や北斗星24系_富士重工業 SUBARU の躍動

道の駅「したら」オープンへ=愛知県設楽町〔地域〕

知る人ぞ知る「究極」の駅が東北に? バリアフリー設備が充実した駅を旅行作家が厳選