JR西日本は16日、駅のホームの安全性向上をめざして設置工事を進めてきた、高槻駅3番のりば・鶴橋駅2番のりばの可動式ホーム柵、神戸駅2番のりばの昇降式ホーム柵について、使用開始日が決定したと発表した。各駅とも工事の進捗状況により、やむをえず使用開始日を変更する場合がある。

神戸駅5番のりばの昇降式ホーム柵

高槻駅では、おもに京都・草津方面の普通列車が発着するJR京都線3番のりばに可動式ホーム柵を設置。2月19日の始発列車から使用開始する。ホーム柵の高さは約1.3m、最大開口は約3.3m、柵延長は約140mとなっている。

鶴橋駅では、大阪環状線外回りの2番のりばに可動式ホーム柵を設置。2月25日の始発列車から使用開始する。ホーム柵の高さは約1.3m、最大開口は約3.6m、柵延長は約160mとなっている。

神戸駅では、おもに尼崎・大阪・京都方面の特急列車と新快速が発着する2番のりばに昇降式ホーム柵を設置。3月5日の始発列車から使用開始する。ホーム柵の高さは約1.3m、最大開口は約12.7m、柵延長は約240mとなっている。

#ホームドア #駅 #JR西日本


JR西日本、高槻駅・鶴橋駅・神戸駅のホーム柵の使用開始日が決定

関連記事

ロッド・スチュワート、コンテナ7つで鉄道模型を米→英輸送

ツーリズムとよた×名古屋鉄道 タイアップ企画 『EMOTION!豊田篇』のキャンペーンが本格的に開始

参拝者などでにぎわい、地下化の計画も – 川崎大師駅(京急大師線)

「三陸鉄道」社長が語る、震災後の苦難と感謝の10年

JR西日本、白浜駅発着「くろしお」和歌山~白浜間の停車駅を統一へ

名鉄、平日朝の急行2本を対象に特別車両券「ミューチケット」発売