JR東日本東京支社は16日、常磐線各駅停車において、JR東日本では初という自動列車運転装置(ATO)を3月13日初電から順次使用開始すると発表した。

常磐線各駅停車の車両E233系(JR東日本提供)

JR東日本では、鉄道の質的な変革の取組みとして、「サービス」「安全」「保守」「運行」「環境」などさまざまな側面から「スマートトレイン」を実現することをめざしており、その一環として自動列車運転装置(ATO)の使用を開始する。

自動列車運転装置(ATO : Automatic Train Operation)は、運転士による運転台の出発ボタン操作により、列車衝突などを確実に防止する自動列車制御装置(ATC : Automatic Train Control)の信号の制限速度範囲内で、駅間の速度を自動制御するシステムだという。

自動列車運転装置(ATO)による列車制御のイメージ(JR東日本提供)

JR東日本は、自動列車運転装置(ATO)の導入や今後のホームドア整備により、常磐線各駅停車のさらなる輸送の安全・安定性向上を図るとしている。

#JR東日本 #電車 #鉄道技術


JR東日本、常磐線各駅停車に自動列車運転装置(ATO) – 3/13から導入

関連記事

上越に春 「跳ね馬」くっきり 例年より雪解け早く 新潟・妙高山

JR北海道、東風連駅を移設・改称 – 駅と鉄道の再生へ前向きな解決

近鉄奈良線、平城宮を迂回&大和西大寺駅高架化へ – 現在の状況は

養老鉄道に3両編成ラッピング電車 – 大垣ケーブルテレビ新ロゴ入り

「阪急マルーン」カラーインク&阪急電車オリジナル万年筆4/26発売

南海電鉄と泉北高速鉄道、両社の特急車両に無料Wi-Fiサービス導入