JR西日本が鉄道割引、沿線自治体が住まいに対する支援を実施し、仕事はそのままで地方移住のおためしを支援するプロジェクト

西日本旅客鉄道株式会社(大阪市北区、代表取締役社⾧:⾧谷川 一明、以下「JR 西日本」)は、沿線自治体をはじめとした地域の皆様との協働により、西日本エリアの活性化に向けた取り組みとして、2021 年春より「おためし地方暮らし」プロジェクトを始めます。

昨今、新型コロナウイルスの影響によって、多くの企業でリモートワーク、テレワークが推進される中、多様な働き方が生まれつつあり、好きな場所で自由に働くことや、ひとつの地域に留まらず、複数の拠点を持つ暮らし方など、新たなライフスタイルが注目されています。

そのような情勢において、地方居住への関心の高まりに着目し、「テレワークと出社を組み合わせつつ、京都・大阪・神戸市内の職場にお勤めの方」を含むご家族を対象に、「都市部の仕事を持ちながら地方居住」という新しいライフスタイルをご提案するものです。
地方居住にご興味を持たれながらも、不安・悩みを抱える「ご家族」を対象に、「住まい+鉄道補助」を軸とした「おためし地方暮らし」支援に取り組みます。

「おためし地方暮らし」支援を通じて、新たな通勤圏・ライフスタイルを体感して頂くことに加え、地域の人たちとの交流を通じて、地方で「生活する」イメージを掴んで頂きたいと思っております。

実施エリアは第1 弾として兵庫県丹波篠山市、京都府南丹市など、実施期間は2021 年6 月頃〜2022 年3 月末までを予定しており、施策の詳細は2021 年3 月末に改めてプレスリリースを行います。

魅力的なひと・文化・地域資源が散りばめられた西日本ならではの、都会と地方、良いところ取りの新たなライフスタイルのご提案「ローカルに暮らし、ときどき出社」をご期待下さい。

【お問合せ先】
西日本旅客鉄道株式会社 おためし暮らし窓口
otameshi-ijyu@westjr.co.jp

#西日本 #JR西日本 #ローカル #割引


【JR西日本×沿線自治体】共同プロジェクト「仕事はそのまま、ローカルに暮らし、ときどき出社」新しいライフスタイルを試してみませんか?

関連記事

関東鉄道キハ2400形、ツートンカラーの復刻塗装に – 常総線で運用

「ロマンスカーミュージアムオリジナルうまい棒缶」数量限定で発売

JR西「どこでもきっぷ」は何が革新的だったのか 発売見合わせで鉄道ファンが泣いた理由

JR北海道とJR東日本、北海道・東北新幹線で鮮魚と駅弁の定期輸送

鉄道博物館の「東高西低」くっきり 関東は小田急も新設、関西大手はゼロ…その差はどこに?

『名探偵コナン』と鉄道の浅からぬ関係 国交省は速達性向上を真剣に検討