JR東日本盛岡支社は15日、青森市・青森県と協定し、2018年10月から整備を進めてきた青森駅自由通路と駅舎に関して、3月27日の自由通路供用開始に合わせ、新駅舎も供用開始すると発表した。現駅舎での最後のイベント開催、新駅舎開業に伴うイベントの開催も発表している。

青森駅の現駅舎

5代目となる青森駅の新駅舎は鉄骨2階建て、改札窓口と「みどりの窓口」、自動券売機、待合室、びゅうプラザ、改札内トイレ(多機能トイレ)、エレベーター・エスカレーター各2基(5・6番線エスカレーター1基は2021年度の供用開始予定)を備え、「NewDays」店舗も開業する。自由通路は3月27日5時から、駅舎は5時20分から供用開始する。

新駅舎の供用開始を前に、現駅舎での最後のイベント「へばまた! あおもり駅 ~4代目駅舎ラストイベント~」を2月20日から3月26日まで開催。「4代目青森駅からクイズラリー」とエキナカアートを予定しており、クイズラリーは無料で参加可能。青森駅と駅周辺施設が連携し、4代目青森駅の生い立ちから現在までの歴史と青森の文化や歴史に関するクイズを出題する。参加賞が用意され、全問正解者に限定グッズをプレゼントする。

エキナカアートは現駅舎への思いと感謝の気持ちを込め、駅をキャンバスとして、青森北高等学校、造形教室CoBaCo、青い森鉄道、JR東日本盛岡支社とグループ会社が2月20日から3月5日まで制作。現駅舎を利用できる3月26日までの期間限定で公開される。

新駅舎開業に伴うイベント「さあ来なが!! 5代目青森駅へGO!!」は3月27日10~15時に開催予定。新駅舎開業記念ステッカーの配布(先着2,000枚)、「東北デスティネーションキャンペーン」に向けた「青森のいいところ」アンケートの実施(参加者先着450名にリンゴジュースをプレゼント)、新駅舎開業クイズ(全問正解者先着500名に東北夏祭りフィギュアをプレゼント)を実施する。

#駅 #JR東日本 #鉄道イベント


JR東日本、青森駅の新駅舎3/27供用開始 – 現駅舎最後のイベントも

関連記事

2021年度の鉄道事業設備投資計画【東武鉄道株式会社】

太川陽介、パワハラ指摘された『バス旅』の態度を猛省 「自分がイヤになった」

JR新山口駅、現住所は元号を用いた「山口市小郡令和一丁目2番1号」

【youtube】平成筑豊鉄道妄想駅弁の食材買い出し旅!方城特産館ふくちの郷に行ってみた

交通当局、メーデー連休の移動ピークに効果的に対処—中国メディア

有明海に面した山中にある秘境駅・赤瀬駅(三角線)と、トトロの駅・癒しの駅として有名な上総大久保駅(小湊鐵道)へ!「鉄道ポスターの旅」(旅チャンネル)