JR東日本が高輪ゲートウェイ駅前を中心に進める品川再開発計画の工事現場で昨年、日本で初めて開業した鉄道の線路跡「高輪築堤」の遺構が見つかった。築堤は東京湾の浅瀬に造られた。約150年前に「海上を走る鉄道」を実現できた理由は、江戸時代に培った日本の技術にあった。(鉄道ジャーナリスト 枝久保達也)

高輪築堤の保存で
議論が活発化

 昨年、JR東日本が高輪ゲートウェイ駅前を中心に進める品川再開発計画の工事現場で、日本初の鉄道の線路跡「高輪築堤」が出土した。筆者も見学する機会を得て、今年1月に現地を訪問したが、その光景を目にして思わず声が出た。浮世絵で見た姿が、そのままの形で存在していたからだ。

 しかし、日本の鉄道のルーツそのものといえる遺構が、そのままの形で保存されるかは不透明な情勢だ。JR東日本は再開発第1期区域に高層ビル4棟を建設し、2024年度にまちびらきをする計画だが、高輪築堤は開発区域の一部にかかっているからだ。

 JR東日本は「今後公開するため、どの部分を保存するか、移築も含めて検討を進める(1月9日付東京新聞)」とコメントしているが、日本考古学協会は一部保存や移築では不十分だとして、現地で全面的に保存するよう求める要望書を提出するなど、高輪築堤の扱いを巡る議論が活発化しつつある。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)

#江戸時代 #JR東日本 #高輪ゲートウェイ #再開


「日本初の鉄道」は海上に敷設、それを可能にした江戸時代の技術とは

関連記事

JR、GW期間の利用状況は – 東海道新幹線は前年比526%、前々年比27%

JR東日本、首都圏における列車削減を解除 – 5/7は通常の平日ダイヤ

海外の鉄道関係者を対象としたオンライン講座「Tokyo Metro Academy」の開講に向け、「無料オンライン講座」を開催します。

2021年度の鉄道事業設備投資計画【東武鉄道株式会社】

太川陽介、パワハラ指摘された『バス旅』の態度を猛省 「自分がイヤになった」

JR新山口駅、現住所は元号を用いた「山口市小郡令和一丁目2番1号」