福島県沖を震源とする地震が2月13日23時7分に発生。福島県相馬市・国見町・新地町、宮城県蔵王町で震度6強、福島県福島市・郡山市・南相馬市や宮城県石巻市・岩沼市・登米市などで震度6弱を観測した。この影響で、2月14日は東北・山形・秋田新幹線や東北エリアの在来線の一部区間で終日運転見合わせとなる。


JR東日本によれば、東北新幹線は地震の影響による設備点検と被害状況把握のため、那須塩原~盛岡間の上下線で終日にわたり運転を見合わせるとのこと。東京~盛岡間の全列車を運休とし、東京~那須塩原間で臨時列車を運転。盛岡~新函館北斗間は一部列車を除き運転する。山形新幹線と秋田新幹線は地震の影響により、全線で終日運転見合わせ(代行輸送なし)に。上越新幹線と北陸新幹線は平常運転を行っている。

東北エリアの在来線では、9時すぎの時点で常磐線いわき駅以北の区間をはじめ、東北本線一ノ関~盛岡間、磐越西線郡山~野沢間、大船渡線、釜石線、北上線で運転を見合わせており、運転再開の見込みは立っていないとのこと。東北本線黒磯~一ノ関間と仙石線(仙石東北ラインも含む)、仙山線、石巻線、気仙沼線、陸羽東線、陸羽西線、左沢線、米坂線、水郡線、磐越東線、只見線・羽越本線・奥羽本線の一部区間については、おおむね昼すぎにかけての運転再開を見込んでいる。気仙沼線BRT・大船渡線BRTは平常運転を行っている。

阿武隈急行は全線で運転を見合わせ、運転再開の見込みは立っていない。仙台空港アクセス線は昼すぎに運転再開予定。三陸鉄道リアス線は宮古~盛間で運転を見合わせており、線路の点検を行い異常がないことを確認した後、運転再開予定としている。

#新幹線 #JR東日本 #中小私鉄 #三セク #電車 #鉄道災害 #復旧


福島県・宮城県で震度6強の地震 – 東北新幹線など終日運転見合わせ

関連記事

上越に春 「跳ね馬」くっきり 例年より雪解け早く 新潟・妙高山

JR北海道、東風連駅を移設・改称 – 駅と鉄道の再生へ前向きな解決

近鉄奈良線、平城宮を迂回&大和西大寺駅高架化へ – 現在の状況は

養老鉄道に3両編成ラッピング電車 – 大垣ケーブルテレビ新ロゴ入り

「阪急マルーン」カラーインク&阪急電車オリジナル万年筆4/26発売

南海電鉄と泉北高速鉄道、両社の特急車両に無料Wi-Fiサービス導入