阪急電鉄は3月13日、ダイヤの一部変更を実施する。神戸本線・宝塚本線・京都本線を中心に深夜時間帯のダイヤを変更し、最終列車を13~32分程度繰り上げる。ダイヤ変更を行う路線も、初発から23時までは変更なしとのこと。

阪急電鉄が全線(神戸線・宝塚線・京都線)で3月13日にダイヤの一部変更を実施する

今回のダイヤ変更に関して、「近年のライフスタイルの変化に伴い、深夜時間帯の鉄道のご利用は減少が続いており、さらに今般の新型コロナウイルス感染症の拡大を契機に、その傾向が顕著になっています」と阪急電鉄。最終列車の時刻を繰り上げることで、「線路や電気施設の保守等にかかる夜間の作業時間が、今まで以上に確保できます」「今後ともより安全で安定した鉄道輸送サービスの提供に努めてまいります」と説明する。

神戸本線の下りは現在、大阪梅田駅0時25分発・西宮北口駅0時43分着の普通が最終列車となっているが、ダイヤ変更後はこの列車の運転を取りやめ、大阪梅田駅0時9分発・西宮北口駅0時27分着の普通を最終列車とする。西宮北口行の最終列車を16分繰り上げる一方、神戸三宮・新開地方面の最終列車は変更なしとされた。神戸本線の上りはダイヤ変更後、新開地駅23時26分発・神戸三宮駅23時33分発の快速急行が大阪梅田行の最終列車(西宮北口駅で大阪梅田行の普通と接続)に。西宮北口行の上り最終列車は現行通り、新開地駅0時13分発・神戸三宮駅0時20分発の普通となる。

塚口駅で神戸本線と接続する伊丹線も最終列車が繰り上げられ、下り最終列車は塚口駅0時0分発、上り最終列車は伊丹駅0時8分発に。大阪梅田駅から伊丹方面へ向かう場合、ダイヤ変更後は大阪梅田駅23時45分発の急行に乗車し、塚口駅で乗り換えることになり、現在と比べて15分の繰上げとなる。今津線・甲陽線はダイヤ変更を行わない。

神戸本線の普通(大阪梅田行)
宝塚本線の普通(雲雀丘花屋敷行)

宝塚本線の下りは現在、大阪梅田駅0時25分発・雲雀丘花屋敷駅0時54分着の普通が最終列車となっているが、ダイヤ変更後はこの列車の運転を取りやめ、大阪梅田駅0時10分発・雲雀丘花屋敷駅0時39分着の普通を最終列車とする。雲雀丘花屋敷行の最終列車を15分繰り上げる一方、宝塚行の最終列車は変更なしとされた。宝塚本線の上りは、大阪梅田行の最終列車となっている宝塚駅23時47分発(土休日は宝塚駅23時46分発)の普通を川西能勢口行に変更。ダイヤ変更後、大阪梅田行の最終列車は宝塚駅23時34分発(土休日は宝塚駅23時26分発)の普通となり、13~20分の繰上げとなる。宝塚駅から雲雀丘花屋敷駅までの上り最終列車は変更なし。箕面線もダイヤの変更はないとのこと。

京都本線の上りは現在、大阪梅田駅0時25分発・正雀駅0時43分着の普通が最終列車となっているが、ダイヤ変更後はこの列車の運転を取りやめ、大阪梅田駅0時10分発・高槻市駅0時42分着の普通を最終列車とする。下りは0時台に京都河原町発桂行で運転される普通4本のうち2本の運転を取りやめ、ダイヤ変更後の最終列車は京都河原町駅0時15分発・桂駅0時25分着に。現在と比べて32分の繰上げとなる。大阪梅田行はダイヤ変更後、京都河原町駅23時15分発の快速急行(高槻市駅で大阪梅田行の普通に接続)を最終列車とする。嵐山線はダイヤの変更を行わない。千里線もダイヤを変更せず、正雀行の最終列車も天神橋筋六丁目駅0時35分発・正雀駅0時48分着で運転される。

#ダイヤ改正 #電車 #阪急電鉄


阪急電鉄ダイヤ一部変更、神戸線・宝塚線・京都線の最終列車繰上げ

関連記事

関東鉄道キハ2400形、ツートンカラーの復刻塗装に – 常総線で運用

「ロマンスカーミュージアムオリジナルうまい棒缶」数量限定で発売

JR西「どこでもきっぷ」は何が革新的だったのか 発売見合わせで鉄道ファンが泣いた理由

JR北海道とJR東日本、北海道・東北新幹線で鮮魚と駅弁の定期輸送

鉄道博物館の「東高西低」くっきり 関東は小田急も新設、関西大手はゼロ…その差はどこに?

『名探偵コナン』と鉄道の浅からぬ関係 国交省は速達性向上を真剣に検討