なるほど、こういう工夫もあるわけだ。サントリーの製品とユニ・チャームプロダクツ(東京)の軽い製品を同じ鉄道コンテナで共同輸送、効率を上げて二酸化炭素(CO2)排出量を両社合計年間約2トン削減するという試みが2月中旬から始まる。

 静岡県にあるユニ・チャームプロダクツの工場で生産された製品と、サントリーの出荷拠点から配送される製品を同じ鉄道コンテナに積載、福岡県の物流センターまで共同輸送する。サントリーは従来、製品を静岡県から福岡県へ輸送する際、鉄道コンテナの積載重量が規定を超えないよう調整しており、コンテナ内には空間が発生していた。今回、コンテナ下段に重量のあるサントリーの飲料を、上段に重量の軽いユニ・チャームプロダクツの製品を積載することで、混載輸送が可能となり、物流効率の改善に寄与。週1回の共同輸送で、CO2排出量が大幅に削減できる見込みだ。

#CO2 #製品 #サントリー #コンテナ


軽重組み合わせCO2削減 鉄道輸送の工夫

関連記事

一般の部大賞は「サフィール踊り子」を捉えた1枚 第14回タムロン鉄道風景コンテスト審査結果発表

地味なイメージの一新目指す「JR相模線」、その100年の歴史とは

【現場から、】SL食堂でコロナ禍を乗り切れ

鉄道イベント「高額化」に驚き コロナ禍も影響?1泊10万円の体験ツアーも登場

JR東日本「長岡車両センター見学会」開催、EF81形・EF64形など展示

山陽 九州新幹線用 8両編成 N700系 JR西日本 S編成 の座席モケットを手に入れるチャンス