JR東日本は、駅構内を中心に展開するシェアオフィス事業「STATION WORK」を東日本エリア全域へ拡大し、2020年度に100カ所のネットワーク体制となることを発表した。

「STATION WORK」は都心エリアと東北・信越エリアの計100カ所で展開

「STATION WORK」は、Wi-Fiやモニターを完備したワークスペースとして、電車の乗換え待ち時間や商談前後の空き時間、電話やウェブ会議などに15分単位で利用できる。

これまで首都圏を中心に設置を進めてきたが、3月下旬までに都心エリアの計11カ所に設置を拡大するとともに、東北・信越・北関東エリアの主要駅など10カ所にも設置。これにより、都心エリア71カ所、東北・信越・北関東エリア29カ所、計100カ所の設置を達成するという。

これまでは駅構内での個室型ワークスペースを主体として展開していたが、今後はゆったりと個室で1日仕事ができるホテルとの提携をさらに進めていくほか、フィットネスジムやコンビニ、カフェなどにもシェアオフィスを広げるとしている。

#JR東日本 #駅


JR東日本「STATION WORK」東日本エリア全域へ拡大、100カ所体制に

関連記事

『第14回 タムロン鉄道風景コンテスト 私の好きな鉄道風景ベストショット』審査結果発表

JR西日本・ソフトバンク「自動運転・隊列走行BRT」実証実験開始へ

「大阪メトロ」御堂筋線淀屋橋駅に可動式ホーム柵 – 10/2運用開始

JR西日本、山陽新幹線姫路~岡山間「帆坂保守基地」10/1運用開始へ

鉄道用製品の不正検査問題、三菱電機が再発防止策で10月1日に記者会見へ

中国初の自動運転跨座式モノレールが登場—安徽省蕪湖市