JR東日本は10日、「モバイルSuica」のサービスを3月21日にリニューアルすると発表した。これに伴う準備のため、3月20日11時頃から3月21日19時頃まで、サービスが一時停止となる。

Android版アプリイメージ(JR東日本提供)

今回のリニューアルでは、Android端末のアプリを「おサイフケータイアプリ」(フェリカネットワークスが提供)と連携させ、同じ端末で「モバイルSuica」と「モバイルPASMO」の使い分けを可能にする。「モバイルSuica」を設定した端末の変更は、「おサイフケータイアプリ」で簡単に行うことができ、iOS端末(ApplePayの「Suica」)からAndroid端末への変更も可能となる。

このリニューアルにともない、「モバイルSuica」は3月20日11時頃から3月21日19時頃まで、ログインを必要とするすべてのサービスを一時停止する。サービス再開後は、iOS端末の「Suicaアプリケーション」とAndroid端末の「モバイルSuicaアプリ」のいずれもアップデートが必要。さらにAndroid端末では、「モバイルSuicaアプリ」を「おサイフケータイアプリ」と連携する必要がある。

#Suica #PASMO #ICOCA #JR東日本


JR東日本「モバイルSuica」リニューアル – おサイフケータイと連携

関連記事

中国初の自動運転跨座式モノレールが登場—安徽省蕪湖市

一般の部大賞は「サフィール踊り子」を捉えた1枚 第14回タムロン鉄道風景コンテスト審査結果発表

地味なイメージの一新目指す「JR相模線」、その100年の歴史とは

【現場から、】SL食堂でコロナ禍を乗り切れ

鉄道イベント「高額化」に驚き コロナ禍も影響?1泊10万円の体験ツアーも登場

JR東日本「長岡車両センター見学会」開催、EF81形・EF64形など展示