素材と味にこだわった銚子電鉄のたい焼き=イメージ= 画像:銚子電鉄

銚子電気鉄道は2021年2月11日、犬吠駅の直営「たい焼き売店」をリニューアルオープンする。千葉県銚子市内で障がい者の就労を支援するここ(企業名)と連携し、すべての人が働き集うユニバーサルデザイン(UD)型の地域拠点づくりを目指す。

新しく売り出すたい焼きは、ここが昨年から試作や改良を重ねてきた。安全安心な国産材料を厳選使用し、レシピも研究を重ねて商品化。①原材料のあんこは北海道十勝産で風味豊か ②皮生地はハチミツ入りで冷めても柔らか ③地産地消で銚子産の卵を使用———といったセールスポイントを持つ。

銚子電鉄は本業の鉄道以外に、ぬれ煎餅やまずい棒といったヒット商品を生み出し、厳しい経営環境の改善に役立てる。新商品のたい焼きも、観光客や銚電ファンのほか地元の人たちに親しまれる味づくり・店づくりを目指す。2月11〜13日の3日間はオープニング記念の割引セールを予定する。

文:上里夏生

#たい焼き #銚子電鉄 #売店 #リニューアル


銚子電鉄が犬吠駅の「たい焼き売店」をリニューアル UD型の地域拠点を志向

関連記事

JR東日本と農産物流通プラットフォームを共同運用

Suica対応Fitbit Charge 4が登場 日本のFitbitユーザーの移動と買い物がより快適に

【youtube】雪景色の長崎電気軌道の路面電車を撮り鉄してみた

鉄道業界はMaaSやワーケーションで地域観光再生に貢献 日観振が「日本の観光再生宣言」

電車飛び込み死亡、窓ガラス突き破り「乗客」巻き添え…鉄道会社は「責任」を負うの?

西武鉄道オンラインショップがオープン 秋には5000系・001系HOゲージ金属製ディスプレイモデルも登場