素材と味にこだわった銚子電鉄のたい焼き=イメージ= 画像:銚子電鉄

銚子電気鉄道は2021年2月11日、犬吠駅の直営「たい焼き売店」をリニューアルオープンする。千葉県銚子市内で障がい者の就労を支援するここ(企業名)と連携し、すべての人が働き集うユニバーサルデザイン(UD)型の地域拠点づくりを目指す。

新しく売り出すたい焼きは、ここが昨年から試作や改良を重ねてきた。安全安心な国産材料を厳選使用し、レシピも研究を重ねて商品化。①原材料のあんこは北海道十勝産で風味豊か ②皮生地はハチミツ入りで冷めても柔らか ③地産地消で銚子産の卵を使用———といったセールスポイントを持つ。

銚子電鉄は本業の鉄道以外に、ぬれ煎餅やまずい棒といったヒット商品を生み出し、厳しい経営環境の改善に役立てる。新商品のたい焼きも、観光客や銚電ファンのほか地元の人たちに親しまれる味づくり・店づくりを目指す。2月11〜13日の3日間はオープニング記念の割引セールを予定する。

文:上里夏生

#たい焼き #銚子電鉄 #売店 #リニューアル


銚子電鉄が犬吠駅の「たい焼き売店」をリニューアル UD型の地域拠点を志向

関連記事

JR、GW期間の利用状況は – 東海道新幹線は前年比526%、前々年比27%

JR東日本、首都圏における列車削減を解除 – 5/7は通常の平日ダイヤ

海外の鉄道関係者を対象としたオンライン講座「Tokyo Metro Academy」の開講に向け、「無料オンライン講座」を開催します。

2021年度の鉄道事業設備投資計画【東武鉄道株式会社】

太川陽介、パワハラ指摘された『バス旅』の態度を猛省 「自分がイヤになった」

JR新山口駅、現住所は元号を用いた「山口市小郡令和一丁目2番1号」