ユニ・チャーム株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 社長執行役員:高原豪久)の生産子会社であるユニ・チャームプロダクツ株式会社(以下/当社)は、サントリーMONOZUKURIエキスパート株式会社の物流子会社であるサントリーロジスティクス株式会社(以下/サントリー)と「静岡県〜福岡県」の区間において、2021年2月中旬から鉄道コンテナによる共同輸送を開始することをお知らせします。

静岡県にある当社工場で生産された製品と、サントリーの出荷拠点から配送される製品を、鉄道コンテナに積載し、鉄道輸送を経て福岡県の物流センターまで輸送します。重量物であるサントリー飲料と、軽量物である当社製品を組み合わせることにより、コンテナに積載する効率を最大化させます。週1回の共同輸送により、二酸化炭素(CO2)排出量を両社合計で年間約2トン削減できる見込みです。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/246699/LL_img_246699_1.jpg
UC画像01

■共同輸送に至った経緯
サントリーは、静岡県の出荷拠点から配送される飲料を、福岡県の物流センターに輸送する際、鉄道コンテナの積載重量が規定を超えないよう調整しており、コンテナ内には空間が発生していました。
今回、コンテナ下段に重量のあるサントリーの飲料を積載して、上段に重量の軽い当社の製品を積載することで、混載輸送が可能となり物流効率の改善に寄与します。

■今後の展開
物流業界は、ドライバー不足や環境への対応など様々な課題を抱えております。今後も両社は限りある輸送力を最大限活用した物流の実現に向けて取り組み、社会の課題解決に貢献して参ります。

■「ユニ・チャーム」と「サントリー」共同で、「静岡県〜福岡県」鉄道輸送を通じて貢献する「SDGs 17の目標」
本活動は2015年に国連で採択された「持続可能な開発目標」(SDGs:Sustainable Development Goals)で定めた17の目標のうち、下記の2つに貢献するとユニ・チャームでは考えています。
7. エネルギーをみんなにそしてクリーンに 13. 気候変動に具体的な対策を

(関連情報)
ユニ・チャーム サステナビリティサイト : http://www.unicharm.co.jp/csr-eco/index.html
ユニ・チャーム Kyo-sei Life vision2030: http://www.unicharm.co.jp/csr-eco/kyoseilifevision/index.html

■会社概要
社名 :ユニ・チャーム株式会社
設立 :1961年2月10日
本店 :愛媛県四国中央市金生町下分182番地
本社 :東京都港区三田3-5-27 住友不動産三田ツインビル西館
社員数 :グループ合計16,207名(2018年12月)
事業内容:ベビーケア関連製品、フェミニンケア関連製品
ヘルスケア関連製品、化粧パフ、ハウスホールド製品、
ペットケア関連製品、産業資材、食品包材等の販売

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

#サントリー #ユニ・チャーム #福岡県 #株式会社


「ユニ・チャーム」と「サントリー」共同で、「静岡県〜福岡県」鉄道輸送を開始

関連記事

JR東日本と農産物流通プラットフォームを共同運用

Suica対応Fitbit Charge 4が登場 日本のFitbitユーザーの移動と買い物がより快適に

【youtube】雪景色の長崎電気軌道の路面電車を撮り鉄してみた

鉄道業界はMaaSやワーケーションで地域観光再生に貢献 日観振が「日本の観光再生宣言」

電車飛び込み死亡、窓ガラス突き破り「乗客」巻き添え…鉄道会社は「責任」を負うの?

西武鉄道オンラインショップがオープン 秋には5000系・001系HOゲージ金属製ディスプレイモデルも登場