JR九州とグルーヴノーツは9日、持続的なモビリティサービスの実現に向けて、量子コンピュータなどの最新技術を活用した「鉄道車両の運用最適化」の検証プロジェクトを開始したと発表した。鉄道車両の運用計画を最適化・自動化し、車両の保有数を削減できれば、車両の維持コストや将来の老朽取替にかかる設備投資を抑制できるという。

対象路線を走る交流蓄電池電車BEC819系「DENCHA」

鉄道車両の運用は、基本となるダイヤ(列車運行計画)をもとに計画を策定している。その際、車両の編成組替え、検査・清掃作業などの時間・場所的な制約を踏まえ、熟練者が経験によって鉄道車両の編成や割当てを決めていたという。

今回のプロジェクトでは、グルーヴノーツが提供するクラウドプラットフォーム「MAGELLAN BLOCKS(マゼランブロックス)」を活用し、量子コンピュータやAIなどの先端技術と高度な数理モデルなどを使った車両最適化のシミュレーションモデルを構築し、実用化することをめざす。

JR九州では、新型コロナウイルス感染症の長期化により、鉄道事業における抜本的なコスト削減が急務となっているという。クラウドコンピューティングや量子コンピュータを活用し、鉄道車両の運用計画を最適化・自動化することで、車両の保有数を削減できれば、車両の維持コストや将来の老朽取替にかかる設備投資を抑制できるという。

車両運用計画で考慮すべき要件(イメージ)
福北ゆたか線・若松線が対象路線に

今回の検証は、おもに福北ゆたか線・若松線を走行する車両を対象に実施。このプロジェクトを通じて得た結果をもとに、他路線への適用拡大に加え、旅客の需要予測のプロジェクトも共同で進める予定としている。

#JR九州 #電車 #鉄道技術


JR九州など、福北ゆたか線・若松線で「鉄道車両の運用最適化」検証

関連記事

横浜市営地下鉄「ギャラリートレイン」運行、100年の歴史を写真で

「回数券」は死語になる!? 鉄道回数券の相次ぐ廃止でも激安で乗る「裏技」はまだある!

新幹線「ALFA-X」&「はやぶさ10周年記念」Tシャツの予約販売開始

【youtube】天橋立駅でぶらぶらしつつ撮り鉄してみた

「西武園ゆうえんち」5/19オープン、ゴジラのアトラクションも登場

【ザ ロイヤルパークホテル 京都梅小路】お子様の“鉄分”補給にぴったりな鉄道ルームが誕生!