鉄道ファンにとって、そして東京駅ファンにとって悲しいニュースが入ってきた。東京駅で愛されていた人気マスコットガール「ふくらむちゃん」が、2021年3月末で引退し、旅立つことが判明したのである。今後ふくらむちゃんは、はるかかなたの銀河系へ帰るものと思われる。

・あまりにも巨大化したふくらむちゃん

ふくらむちゃんは、その名のとおり、さまざまなワクワクするモノをふくらませ、楽しさや嬉しさをも膨らませてきた人気のマスコットガールだ。たまに自身もふくらみ、あまりにも巨大化したこともあった。

・東京駅のGRANSTAのマスコットガール

ふくらむちゃんは東京駅のGRANSTAのマスコットガールとして登場したため、公式TwitterなどではGRANSTA内でのグルメやグッズ、そして働く人たちなどの交流をリポートしてきた。ふくらむちゃんのファンによると、彼女のリポートのおかげで知ることができたスイーツや料理も多数あるという。

・まだ「ふくらみかけ」だった!

ふくらむちゃんは現在は有休消化中のようで、自身の公式Twitterでも「明日から有給休暇に入るよー 東京駅の皆さんお世話になりましたーまた銀河のどこかで会おうねー」と告知している。

また、公開されたお別れのコメントでは、銀河に戻ってもっとふくらませると宣言。なんと、いまでも十分に膨らんでいると思ったが、まだ、ふくらみかけだったのである。

・いままでお疲れさまでした!

いったいどこまでふくらんでいくのか、ふくらむちゃんのふくらみを今後も注目していきたい。引退してしまうことは悲しいが、いつかまたどこかで、ふくらみまくった彼女が見られるかもしれない。いままでお疲れさまでした!

Photo: ふくらむちゃん公式Twitter

#東京駅 #引退 #有休 #はるか


【話題】東京駅のマスコットガールふくらむちゃん引退 / 現在は有休消化中「ヤキを入れられたこともあったなー」

関連記事

JR東日本「空間自在ワークプレイス」実験「新幹線オフィス」も予定

東武鉄道、社有林の間伐材で作ったベンチを沿線の希望者に寄贈へ

東武鉄道「スペーシア」デビュー当時のリバイバルカラー車両が登場

京急電鉄、1000形新造車両を新たに3編成 – 2021年度の設備投資計画

近鉄、7/3ダイヤ変更 – 最終列車繰上げ、本数・区間の見直しなど

JR中野駅新北口駅前エリア拠点施設整備事業、2028年度内竣工めざす