日本の鉄道の底力に迫る人気シリーズの第5弾『驚き! ニッポンの底力 鉄道王国物語5』が2月13日21時から、NHK BSプレミアムにて放送される。鉄道博物館を拠点に、最先端の新幹線試験車両「ALFA-X」や懐かしの蒸気機関車などが登場する。

JR東日本の新幹線試験車両「ALFA-X」
「ALFA-X」の屋根上に黄色い板を取り付けた理由は?

今回はJR東日本の新幹線試験車両「ALFA-X」開発最前線への潜入から番組がスタート。「ALFA-X」(E956形)は次世代新幹線の開発を進めるための試験プラットフォームとして製作され、2019年5月から東北新幹線仙台~新青森間を中心に走行試験を行っている。先頭車の1号車と10号車でデザインが異なり、屋根上に搭載した黄色い板(空力抵抗板ユニット)も特徴。「ALFA-X」で採用された最新装置を紹介しつつ、開発の秘密に迫る。

続いて深夜のレール交換作業や分岐器生産工場を訪ね、最先端技術やそれを支える職人たちの技術力の高さを紹介。その他、車窓からの美しい風景が売りの新たな長距離列車「WEST EXPRESS 銀河」の開発秘話や、困難を極める蒸気機関車の復元作業など、鉄道ファンでなくても見逃せないエピソードが紹介されるという。

蒸気機関車の復元に挑戦。秘伝の職人技が世代を超えて伝えられる
新幹線のレール交換システム「REX」。徹底的に機械化した最先端システムを紹介
高橋克典さん、市川紗椰さん、ハマカーンが出演

『驚き! ニッポンの底力 鉄道王国物語5』はNHK BSプレミアムにて、2月13日の21時から22時29分まで放送予定。高橋克典さんが司会、ハマカーン(浜谷健司さん、神田伸一郎さん)がリポーターを務め、市川紗椰さんらが出演する。

#新幹線 #JR西日本 #JR東日本 #蒸気機関車 #電車 #鉄道技術 #東武鉄道


JR東日本「ALFA-X」開発最前線に潜入! 『鉄道王国物語5』2/13放送

関連記事

JR、GW期間の利用状況は – 東海道新幹線は前年比526%、前々年比27%

JR東日本、首都圏における列車削減を解除 – 5/7は通常の平日ダイヤ

海外の鉄道関係者を対象としたオンライン講座「Tokyo Metro Academy」の開講に向け、「無料オンライン講座」を開催します。

2021年度の鉄道事業設備投資計画【東武鉄道株式会社】

太川陽介、パワハラ指摘された『バス旅』の態度を猛省 「自分がイヤになった」

JR新山口駅、現住所は元号を用いた「山口市小郡令和一丁目2番1号」