誠文堂新光社は2月17日、国鉄時代に活躍した名車両を塗装色でまとめた書籍『国鉄色車両ガイドブック』を発売する。

『国鉄色車両ガイドブック』表紙

国鉄時代、車両の塗装色は「国鉄車両関係色見本帳」によって明確に定められていたが、国鉄消滅から30年以上が経ち、当時から継続して使われている「国鉄色」は数少ない。そのため、「完全に消滅する色があればニュースになり、復活する色があれば多くの人が集まるコンテンツになっている」(誠文堂新光社)という。

ただし、国鉄車両で用いられていた塗装色を体系的にまとめた資料が多くないことから、車両塗色を切り口に国鉄車両を紹介する本を企画。1983(昭和58)年に発行された国鉄最後の「色見本帳」をもとに、1950年代から1980年代までの塗装を年代別にまとめ直した。「鉄道写真の神様」といわれる広田尚敬氏の写真を用い、各分野で活躍する3人の鉄道ジャーナリストによる解説を掲載。一例として、1970年代の国鉄色は「初期新快速色」「千代田線色」「ニューブルートレイン色」「50系色」などを収録した。

各年代の国鉄色を写真と解説で紹介
国鉄色を再現できるRGB値・CMYK値も掲載

『国鉄色車両ガイドブック』はB6横判、224ページ。本体価格2,700円。各国鉄色を数値化したインデックスも収録している。「国鉄車両関係色見本帳」に記されている色の表示記号「マンセル値」をもとに、コンピューターで使用するRGB値や印刷で使用するCMYK値を参考値として併記した。

#国鉄 #子鉄 #電車


『国鉄色車両ガイドブック』発売、塗装色を切り口に国鉄車両を紹介

関連記事

【youtube】フェリー利用でお得旅!青い森鉄道「海峡ゆったどきっぷ」と「青森・苫小牧てつなかきっぷ」!

犠牲者42人を追悼=信楽鉄道事故30年—滋賀

「フェリーきょうと」進水 旅客定員675人、大部屋を廃止

鉄道ファンのためのスマホケース「trainfan.net」より、今秋に引退予定「E4系Max」のおしゃれな手帳型スマホケースの販売開始(JR東日本商品化許諾済)

「のと里山里海号」のPV完成、七尾湾沿いの美しい春景色を見て

犠牲者42人を追悼