東芝インフラシステムズは、自社の製造した鉄道用電気品がJR東日本の横須賀・総武快速線新型車両E235系に採用されたと発表した。同社の独自技術を使った非常走行用電源装置、補助電源装置、主電動機、主幹制御器が採用されている。

横須賀・総武快速線新型車両E235系
車両に搭載された非常走行用電源装置

横須賀線・総武快速線新型車両E235系の非常走行用電源装置は、停電時などに最寄り駅をはじめ安全な場所へ走行するため、JR東日本と共同開発。通常時は架線からの電力を蓄電池に充電し、非常時に蓄電池の電力のみで主電動機を駆動して走行できる。

この蓄電池に、東芝グループのリチウムイオン二次電池「SCiB」を使用。高い安全性、1万回以上の充放電が可能な長寿命、マイナス30度の環境下にも耐えうる低温度動作といった優れた特性を有し、外圧によって内部短絡が生じても異常発熱や発火を起こしにくく、安全性も兼ね備える。この「SCiB」を使用した蓄電池システムは、鉄道システムを対象としたRAMS規格の認証を最高水準で取得している。同社は今後も、「SCiB」を採用した製品を国内外に展開するとしている。

#JR東日本 #新型車両 #車両新造 #改造 #電車 #鉄道技術


JR東日本の横須賀線・総武快速線E235系に東芝の鉄道用電気品を採用

関連記事

鉄道用製品の不正検査問題、三菱電機が再発防止策で10月1日に記者会見へ

中国初の自動運転跨座式モノレールが登場—安徽省蕪湖市

一般の部大賞は「サフィール踊り子」を捉えた1枚 第14回タムロン鉄道風景コンテスト審査結果発表

地味なイメージの一新目指す「JR相模線」、その100年の歴史とは

【現場から、】SL食堂でコロナ禍を乗り切れ

鉄道イベント「高額化」に驚き コロナ禍も影響?1泊10万円の体験ツアーも登場