JR九州は、3月11日から9月30日まで運行される「36ぷらす3」のランチプラン・ディナープランを2月12日11時から販売開始する。一部ルートにおいて追加となったランチプラン・ディナープランの乗降駅も発表された。

JR九州のD&S列車「36ぷらす3」

3月11日から9月30日まで運行される分のランチプラン・ディナープラン(JR九州が企画・実施を行う旅行商品)は2月12日11時から受付開始し、「36ぷらす3」専用ホームページでの予約は出発日の5日前、「36ぷらす3」ツアーデスク(電話)での予約は出発日の10日前まで受け付ける。その他、JR九州駅旅行の窓口や全国の主要旅行会社でも発売される。

今回発売される分では、ランチプラン・ディナープランの乗車駅・降車駅の設定が増え、利用しやすくなるという。木曜日出発の「赤の路」ランチプランでは熊本駅からの乗車、月曜日出発の「金の路」ランチプランでは佐賀駅からの乗車、月曜日出発の「金の路」ディナープランでは佐賀駅での降車が可能となる。

「36ぷらす3」の車内
「36ぷらす3」の車内
「36ぷらす3」で提供される弁当(イメージ)

月曜日出発の「金の路」(長崎行)では、ミシュラン一つ星を獲得した福岡市のフュージョンレストラン「NishimuraTakahito La cuisine creativite」がランチプラン(座席)の弁当を提供。フランス料理の枠にとらわれず、日本料理・中国料理・イタリア料理などを融合させた弁当「世界を旅するフュージョンBOX」を楽しめる。

なお、3月13日から一部のルート・区間で運転時刻が変更となり、詳細は近日更新する専用ホームページにて告知される。グリーン席プラン(きっぷ)については、乗車1カ月前に該当する日の10時からの販売となる。

#JR九州 #観光列車 #電車


JR九州「36ぷらす3」3/11以降の運行分発売、一部ルートで設定追加

関連記事

JR西日本「DLやまぐち号」津和野駅の転車台にて回転展示 – 5/1から

JR東海・JR西日本、車いすスペース6席設けたN700Sの購入方法を発表

人気集める転車台の実演

熊本の鉄道の魅力を写真で 被災前後の30点、大阪で展示へ

いすみ鉄道が乗車2000万人達成、記念式典実施

JR西日本が「極上の赤身肉」を販売、その狙いとは