真岡鐡道は、2月7日をもって栃木県の緊急事態宣言が解除されることを受け、「SLキューロク館」と真岡駅東口売店(SL館)を2月8日から営業再開すると発表した。一方、「SLもおか」(下館~茂木間)の運休は継続される。

真岡駅に併設された「SLキューロク館」は2月8日から営業を再開する

緊急事態宣言の発令にともない、真岡駅に併設された「SLキューロク館」は1月15日から、真岡駅東口の売店は1月19日からそれぞれ臨時休業となっていた。ともに緊急事態宣言の解除後、2月8日から営業を再開する。

1月13日から運休となっている「SLもおか」については、栃木県の緊急事態宣言が解除された後も「近隣一都三県は緊急事態宣言が延長されること、SLもおかは首都圏からのお客様がメインであること」を理由に、運休を当面継続することになった。

「SLもおか」の運転再開の時期について、「緊急事態宣言の解除や新型コロナウイルス感染症の拡大状況を鑑みつつ検討」すると同社。決まり次第、改めて発表するとのこと。

#駅 #客車 #蒸気機関車 #中小私鉄 #三セク


真岡鐵道「SLもおか」運休継続、「SLキューロク館」など2/8再開へ

関連記事

いすみ鉄道で写真撮影のロケハン・マナー講座開催へ

検査不正の工場、認証取り消し=製造・販売は継続—三菱電機

【youtube】「鉄道の日(10月14日)」に合わせたお得なきっぷ!全国JR線乗り放題!JRグループ「秋の乗り放題パス」

JR北海道、北海道新幹線延伸に伴う倶知安駅新ホーム10/31使用開始

JR東海、東海道新幹線「S Work 車両」試行 – N700S専用サービスも

JR東日本「485系ジパング ファン感謝デー」盛岡車両センターで開催