JR北海道は4日、新型コロナウイルス感染症の影響で利用が減少していることを受け、特急「北斗」「おおぞら」の減車を3月1日に実施すると発表した。

函館~札幌間の特急「北斗」

特急「北斗」(函館~札幌間)の減車は下り「北斗1・3・9・11・13・15・17・19・23号」、上り「北斗4・6・8・10・12・18・20・22・24号」で実施。指定席車両の4・5両目を減車し、7両編成から5両編成(グリーン車1両、普通車指定席2両、普通車自由席2両)に変更して運行する。

特急「おおぞら」(札幌~釧路間)の減車は下り「おおぞら3・5・11号」、上り「おおぞら2・8・10号」で実施。指定席車両の4両目を減車し、6両編成から5両編成(グリーン車1両、普通車指定席2両、普通車自由席2両)に変更しての運行となる。

実施期間は3月1~12日とされたが、特急「北斗」「おおぞら」ともに減車した列車はダイヤ改正後も引き続き5両編成で運行される予定。なお、編成を一部変更する場合もある。

#JR北海道 #特急列車 #気動車


JR北海道「北斗」「おおぞら」一部列車を5両編成に減車 – 3/1から

関連記事

JR東日本「空間自在ワークプレイス」実験「新幹線オフィス」も予定

東武鉄道、社有林の間伐材で作ったベンチを沿線の希望者に寄贈へ

東武鉄道「スペーシア」デビュー当時のリバイバルカラー車両が登場

京急電鉄、1000形新造車両を新たに3編成 – 2021年度の設備投資計画

近鉄、7/3ダイヤ変更 – 最終列車繰上げ、本数・区間の見直しなど

JR中野駅新北口駅前エリア拠点施設整備事業、2028年度内竣工めざす