蒸気機関車(SL)が客車を引いて走る秩父鉄道(埼玉県)の「SLパレオエクスプレス」の今季の運行が13日始まる。これに先立ち、試運転列車が3、4日、秩父路を走った。

 けん引するSLはC58形の363号機。2020年は動輪やボイラーなどをばらばらにして点検・修理する全般検査を実施したため、運転がなかった。試運転では、広瀬川原車両基地(熊谷市)と三峰口駅(秩父市)間を、元気よく煙を上げながら往復した。

 SLパレオは12月5日まで土日を中心に熊谷—三峰口駅間を走る。初めて全車両を指定席にして、「密」を避けながら客を乗せるなどの新型コロナウイルス感染対策を取る。【山田研】

#点検


SLパレオエクスプレスを試運転 埼玉・秩父鉄道 運行は13日から

関連記事

JR西日本「DLやまぐち号」津和野駅の転車台にて回転展示 – 5/1から

JR東海・JR西日本、車いすスペース6席設けたN700Sの購入方法を発表

人気集める転車台の実演

熊本の鉄道の魅力を写真で 被災前後の30点、大阪で展示へ

いすみ鉄道が乗車2000万人達成、記念式典実施

JR西日本が「極上の赤身肉」を販売、その狙いとは