東京メトロは2月2日から、個室型ワークスペース「CocoDesk(ココデスク)」の設置駅をさらに7駅増やし、合わせて11台を順次設置する。

「CocoDesk」設置駅一覧

「CocoDesk」は電源コンセントやWi-Fiを備え、エアコンによる温度・湿度調節も可能な個室型ワークスペース。換気扇による換気、抗菌コーティングも実施しているほか、ウイルス抑制・除菌用紫外線照射装置の設置も進めており、駅構内で快適にテレワークなど行える。読書や学習をはじめ、ビジネス以外の利用も可能。すでに東京メトロの19駅に計35台設置されている。

今回、新たに設置する7駅は、千代田線新御茶ノ水駅(2台)、有楽町線豊洲駅(1台)、日比谷線六本木駅(1台)、日比谷線東銀座駅(2台)、半蔵門線渋谷駅(2台)、東西線日本橋駅(2台)、有楽町線麹町駅(1台)。順次供用開始し、3月までに7駅すべてで使用できるようになる。これにより、設置駅は全部で26駅46台に増える。

「CocoDesk」ブースイメージ

利用時間はいずれも7~22時。利用料金は15分250円(税別)。使用の際、会員登録とウェブ予約が必要となる。

#東京メトロ #駅 #地下鉄


東京メトロ「CocoDesk」個室型ワークスペース設置駅を26駅に拡大へ

関連記事

【南海電気鉄道グループ×大倉グループ】海外IT・技術系人材紹介事業『 Japal (ジャパール) 』新サービス(第3期)開始!

鉄道テレマティクスの市場規模、2026年に73億米ドル到達予測

JR東日本、貴重な車両の体験・見学ツアー – 蒸気機関車や185系など

JR東海、東海道新幹線全線にミリ波方式列車無線 – 2027年運用開始

日本旅行と秩父鉄道、夜行快速「いでゆ」10時間超の乗車ツアー開催

【youtube】改札鋏やダッチングマシンも体験させて頂きました!岳南電車の吉原駅で撮り鉄!