阪急電鉄の駅をデザインしたマンホール蓋が2月1日から吹田市に導入された。吹田市は2018年から観光名所などをデザインしたマンホール蓋を順次設置しており、鉄道駅をデザインした蓋もこれまで4つ設置している。

北千里駅・山田駅・吹田駅のデザインマンホール蓋イメージ

阪急電鉄の駅がマンホール蓋のデザインになるのは今回が初めて。北千里駅・山田駅・吹田駅付近に、それぞれその駅の写真をデザインした蓋を設置した。北千里駅は日本で初めて自動改札機を設置した当時の写真、山田駅と吹田駅は吹田市職員が撮影した写真を採用したという。

デザインマンホール蓋は、北千里駅ロータリー付近、山田駅東改札口付近、吹田駅西改札口付近(吹田市役所内)に設置される。今後、吹田市内にある阪急電鉄の4駅(南千里駅、千里山駅、関大前駅、豊津駅)をデザインしたマンホール蓋も順次設置する予定だという。

#阪急電鉄 #駅


阪急電鉄の北千里駅・山田駅・吹田駅付近にデザインマンホール設置

関連記事

午前中を行く高崎線の車窓_すれ違うキヤE195系、秩父鉄道 三ヶ尻線のいま

道の駅「したら」オープンへ

鉄道減便、効果に疑問=通勤減らず混雑誘発—新型コロナ

JR四国2000系が登場した1989年、JR北海道キハ281系や北斗星24系_富士重工業 SUBARU の躍動

道の駅「したら」オープンへ=愛知県設楽町〔地域〕

知る人ぞ知る「究極」の駅が東北に? バリアフリー設備が充実した駅を旅行作家が厳選