京成トラベルサービスは2月21・27日、「宗吾車両基地見学ツアー」を開催する。昨年12月と今年1月に計3回実施した車両基地見学ツアーに多くの申込みがあったことから、より多くの人に楽しんでもらおうと内容を一部変更し、実施することになった。

京成電鉄の「スカイライナー」車両AE形

両日とも京成上野駅または京成船橋駅から「スカイライナー」AE形で出発し、乗車したまま宗吾車両基地へ入線。基地内で洗車機通過体験をした後、基地内の車両見学・写真撮影を行う。

2月21日は成田スカイアクセス線を走行するAE形(2編成)、3050形、3100形の計4編成を並べて展示。2月27日は京成本線を走行する3000形、3400形、3500形、3600形(リバイバルカラー車)、3700形の計5編成を並べて展示する。その他、両日とも歴代の「スカイライナー」車両をはじめ、過去に京成線内で活躍した保存車両の見学・撮影ができる。

京成電鉄3600形(リバイバルカラー車)

3歳以上小学生以下のこども限定の企画として、「スカイライナー」運転室への入室と運転席着席体験プログラムも用意。京成電鉄オリジナル絵本「ぼくのスカイライナー」もプレゼントする。走行中の車内では、「スカイライナー」ボックス入りのお菓子詰め合わせが当たる抽選会を実施。車両基地内で京成電鉄関連グッズの販売も行う。

旅行代金は京成上野発が大人2,000円・こども1,500円、京成船橋発が大人1,500円・こども1,000円。京成トラベルサイトにて、2月10日12時まで申込みを受け付ける。定員は176名。応募多数の場合は抽選となる。

#京成電鉄 #鉄道イベント #電車


京成電鉄「スカイライナー」で宗吾車両基地見学ツアー、2月も開催

関連記事

えちごトキめき鉄道 413・455系が試運転「越後」ヘッドマーク掲出

NEDOなど、難燃性マグネシウム合金製の鉄道車両構体の長期耐久性能を確認

JR東日本「只見海里」只見線の全線開通50周年を記念し8/29に運行へ

中国の高速鉄道が100メートルの海底を走るように—中国メディア

JR東日本、上越新幹線E4系「Max」定期運行ラストランが10/1に決定

JR東日本、勝田車両センターの60周年で見学ツアー – グッズも販売