国土交通省が鉄道料金のダイナミックプライシング導入を検討開始か

メトロエンジン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役CEO:田中良介、以下メトロエンジン)は鉄道運用会社各社において変動運賃におけるシステム導入コンサルティングの需要が高まっている事を背景に、複数業種向け需要予測エンジン、ダイナミックプライシングエンジンを既存の基幹システムからAPI連携することによって利用できる仕組みの提供、および導入コンサルティングサービスを開始致します。

新型コロナウィルス禍の影響で鉄道の客足は鈍っていることや、通勤時間帯の混雑緩和や乗客の分散の期待が高まっていることを背景に、国土交通省は2月1日にダイナミックプライシング(変動料金性)の導入に向けた検討に入ったことを日経新聞が報じております。

当社では鉄道事業におけるダイナミックプライシングの可能性をいち早く見出し、JR東日本スタートアップ株式会社とともに需要予測などを含む実証実験を行っておりました。

本実証実験の取り組みの中で、メトロエンジンが独自に保有している全国のイベントデータやホテル宿泊指数をAIに読み込ませることによって、鉄道需要の需要予測の精度を大幅に向上させることが確認できました。

詳細はこちら:https://tomoruba.eiicon.net/articles/765

メトロエンジンは、ダイナミックプライシング分野において、国内で唯一複数業種向けにダイナミックプライシングサービスの実績があり、ホテル、レンタカー、不動産などの分野で2017年から提供しております。

(需要予測サンプル画面)

■お問い合わせはこちら
https://info.metroengines.jp/contact

■会社概要
会社名:メトロエンジン株式会社
代表者:代表取締役CEO 田中良介
所在地:東京都港区南青山3-8-40 青山センタービル2F
資本金:11億3525万円(資本準備金含む)
コーポレートサイト:https://info.metroengines.jp/

#エンジン #コンサルティング #システム #国土交通省


メトロエンジン、鉄道会社向けにダイナミックプライシングにおける仕組み提供、導入コンサルティングサービスの提供開始

関連記事

高島礼子に秩父鉄道が忖度!?鉄道沿線ひたすら歩き旅で飛び出した衝撃シーン

JR鶴見線205系で行く夜の港湾・工場夜景の旅、再び – 7月に実施へ

「えちごトキめきリゾート雪月花」と「一万三千尺物語」相互乗入れ

名鉄1200系「パノラマsuper」車両、再び中部国際空港駅発着で運転

快適な鉄道の環境づくりのための取り組みについて

モバイルバッテリーシェアリング「ChargeSPOT」6月28日(月)より都営地下鉄大江戸線駅構内へ初設置